効果的に理想の体へ導く加圧トレーニング

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」のことです。専用の加圧器具を使用して腕の付け根や脚の付け根に、専門知識を持った加圧インストラクターが各個人に合った適切な圧を見極め掛けながら目的に合わせたトレーニングを行います。

加圧前の血管

加圧前(血流末梢抵抗値※1=1.0)

適正な圧力をかける必要があります。不適切な圧力で行うとトラブルを招く可能性があります。必ず訓練を積んだインストラクターの指示に従ってください。

加圧開始(血流末梢抵抗値※1=1.0)

血流の動脈側を程よく制限し、静脈側を強めに制限することで、腕・脚に血液が多く滞留し、普段は使わない毛細血管にまで血液が流れるようになります。

加圧時(血流末梢抵抗値=〜1.7)

加圧トレーニングを行うと筋繊維の動員率が高まる上、筋肉が酸素不足になるので血液中の乳酸濃度が急激に上昇します。筋肉内の乳酸値が上昇することで脳下垂体からの成長ホルモン分泌が促進されます。

徐圧後(血流末梢抵抗値=〜0.6)

増加した成長ホルモンは遊離脂肪酸※2として血中に放出され体脂肪を燃焼を促進します。さらに、体内を循環した成長ホルモンは、身体組成の様々な働きに効果的な影響を及ぼします。

用語解説
※1 血流末梢抵抗値:血流の流れにくさを測る指標。
※2 遊離脂肪酸:分解されて血液中に存在する脂肪のこと。

PAGE TOP