加圧の絶え間ない研究と知的財産

安全性と可能性

広がり続ける可能性!!

ワールドワイド

加圧トレーニングは、現在、日本(東京大学等)だけでなく、米国(ACSM)、中国(国家体育総局、吉林大学)をはじめ、スリランカ(KAATSU INTERNATIONAL UNIVERSITY)、ロシア (宇宙庁)など、世界各国の主要な大学や医療機関等で学術研究や臨床実験など研究への取り組みが行われています。

KAATSU JAPAN 株式会社が運営する加圧トレーニングのオフィシャルサイトでご確認ください。

研究

加圧トレーニングの絶え間ない研究が続いています。2008年以降、KAATSUに対する注目は世界から集まりKAATSUの海外への展開は急速に進んでいます。心臓血管系、筋肉や骨、神経系などに対する加圧トレーニングの生理学的効果について、医療、健康、予防医学、スポーツ分野に限らず、航空宇宙分野においても佐藤先生を中心とした世界各国の専門家によって幅広く研究されています。

プロジェクト

各国で新プロジェクトが進んでいます。学術研究や事業の分野において米国(ACSM)をはじめ、中国(国家体育総局、吉林大学)、スリランカ(KAATSU INTERNATIONAL UNIVERSITY)、ロシアに至るまでグローバルな取り組みが着実な成果をあげています。

グラフと研究者

知的財産

「KAATSU」「加圧トレーニング」には、その手法や用語、器具、商標など様々な分野において世界各国で特許や商標登録が取得されており、世界各国でその権利(知的財産ライセンス)が保護されています。2011年には米国著作権法に基づく加圧トレーニングの著作権申請が受理され、加圧トレーニングに対して、方法論をはじめとする包括的な内容について知的財産権が保護されています。KAATSU JAPAN株式会社のライセンスを取得することなく加圧トレーニングを実施した場合、有償無償を問わず、権利の侵害となります。また、KAATSUに関連、あるいはKAATSUが連想される、表現、手法、行為、効果などは、全て知財権の保護の対象となります。

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP