加圧トレーニング実践編・・ウェストを引き締める②

加圧トレーニング実践編・・ウェストを引き締める② サイドベントで脇腹のあたりを引き締めていきます。あわてずに息と動きを連動させながらわき腹を意識して行いましょう。

インナーマッスル・トレーニング・・痛みや違和感がある時

インナーマッスル・トレーニング(痛みや違和感がある時)・・医療機関での治療が必要なのか、トレーニングによって改善できるものなのかを自分で判断するのはとても危険ですから、まずは痛みや違和感がある場合は医療機関での診断を優先させましょう。

加圧トレーニング実践編・・ウェストを引き締める①

加圧トレーニング実践編・・ウェストを引き締める① 加圧前に目的の筋肉をしっかりと追い込んでおくと加圧トレーニング後に大量分泌される成長ホルモンが優先的にその筋肉の修復に使用されるので、効果が飛躍的にアップします。

インナーマッスル・トレーニングを継続するためのポイント

インナーマッスル・トレーニングを継続するためのポイント・・行うトレーニングの意味を理解して丁寧に動作を行うこと、どの筋肉を動かしているのかを意識して行うことで、体の深い部分で動かしているインナーマッスルがだんだんと疲労してくる感覚を感じ取れるようになってきます。

基礎体力UPのための加圧トレーニング実践編・・脚

基礎体力UPのための加圧トレーニング実践編(脚)・・下半身全体の体力向上を目指すトレーニングです。初めて加圧トレーニングをする方は、この運動からスタートすると良いでしょう。(脚の付け根を加圧して行います)このトレーニングの一番の目的は、腕の筋肉をパンプアップ(血液が溜まって肥大した状態)させることです。パンプアップした状態でのトレーニングはとても効果が高くなります。回数や力の入れ具合を調整しながら行ってみてください。

加圧トレーニングの注意点

短期間で様々な効果を期待できる加圧トレーニングですが、加圧ベルトで血流を制限しながら行っていますので、深い知識を持たず、勝手な判断で間違った使い方をしてしまうと危険です。以下に示すような点に注意しながら、正しく効率的にトレーニングを行って下さい。

インナーマッスル・トレーニング持続のために1

インナーマッスルを鍛えることの効用については多くの方が知るようになってきていますし、インナーマッスルのトレーニングは知識さえあれば気軽に簡単に始めることが出来ますが、実を言うと継続することが難しいトレーニングなのです。

基礎体力UPのための加圧トレーニング実践編・・腕

基礎体力UPのための加圧トレーニング実践編(腕)・・上半身全体の体力向上を目指すトレーニングです。初めて加圧トレーニングをする方は、この運動からスタートすると良いでしょう。(腕の付け根を加圧して行います)このトレーニングの一番の目的は、腕の筋肉をパンプアップ(血液が溜まって肥大した状態)させることです。パンプアップした状態でのトレーニングはとても効果が高くなります。回数や力の入れ具合を調整しながら行ってみてください。

インナーマッスルトレーニング・・フォーム/姿勢チェック

インナーマッスルトレーニング・・フォーム/姿勢チェック・・姿勢の確認とフォームの確認を繰り返し行いながらトレーニングすることで、偏った姿勢・間違ったフォームでのトレーニングを防止する事ができます。 正しい姿勢とフォームでトレーニングを行うことはトレーニング効率を向上させるだけでなく、ケガの防止にもつながりますので、繰り返し繰り返しチェックを行いながらトレーニングをしておきましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告