ローテータカフを鍛えてスムーズな肩の動きにしよう

ローテーターカフというのは肩周りのインナーマッスルである4つの筋肉、「棘上筋」「棘下筋」「肩甲下筋」「小円筋」をあわせて呼ぶ総称です。これらの筋肉は、おのおの別の役割を持っていますが、4つの筋肉がそれぞれバランスよく力を出し合うことで肩関節の骨を正しい位置に調整してスムーズな動きができるようになります。四十肩、五十肩でお悩みの方も、ぜひバランスよく鍛えてください。

加圧トレーニングの特徴・・成長ホルモンの大量分泌

加圧トレーニングを行った後、成長ホルモンの血中濃度が著しく上昇します。なぜなら、成長ホルモンの分泌を促すのは乳酸(筋肉が披露する時に乳酸が作られます)で、血流制限をしながら行う加圧トレーニング中には乳酸を効率よく筋肉にためることができるからです。成長ホルモンの効果は、成長期を過ぎた大人にも子供と同様に現れます。成長ホルモンの分泌は体全体に影響を与え、若返りともいえる体のリコンディショニングを起こしてくれます。

インナーマッスルと故障/ケガの関係

最近では、多くの一流スポーツ選手がインナーマッスルを意識してトレーニングをおこなっています。 というのも、インナーマッスルとアウターマッスルの筋力バランスが崩れることが、障害を引き起こす原因となるからです。「スポーツはしていない」という方でも、四十肩、五十肩などで痛みを感じたり、肩が上がらなくなるのも同じようなしくみで起りますので、そういった症状をお持ちの方も参考にしてください。インナーとアウタ-のバランスを取ってこうした症状を予防しましょう。

加圧トレーニングの特徴・・筋肉を誤解させる(効率のアップ)

常のトレーニングでは、速筋と遅筋のトレーニングを別々に行う必要があります。 ですから、速筋、遅筋の2種類の筋肉をバランスよく鍛え、持久力と瞬発力の両方を向上させるためには、長い時間をかけて必要な負荷をかけながらトレーニングをして両方の筋肉を活性化させる必要があります。しかし、加圧トレーニングでは、軽い負荷を使ってもトレーニング開始後早い段階で2種類の筋肉が両方とも活性化します。

インナーマッスル・トレーニングの休養期間の設定の仕方

インナーマッスルはアウターマッスルに比べると筋肉が細いので、筋疲労や損傷からの回復が短時間で行えます。ですから、インナーマッスルはアウターマッスルと比較するとよりも短い間隔でトレーニングを行えます。トレーニングの休養期間が適切かどうかをチェックしてみましょう!!

加圧トレーニングの特徴・・活性酸素の刺激について

活性酸素は多すぎなければ、「細胞の増殖や成長の重要な信号として働く」ということが最近の研究でわかってきました。 加圧ベルトで血流制限を行うことで、細胞の増殖や成長を促進するのに適量の活性酸素が生み出されると考えられています。 活性酸素を有用に利用してトレーニング効果をアップするのです。

体調とうまく付き合ってトレーニングしよう

体調不良の時や疲労が蓄積している時に無理にトレーニングをするのは控えた方が良いでしょう。「トレーニング・メニューがこなせる=トレーニングの成果が出る」ではないからです。人間の体は病気、疲労といった体調不良が存在すると、筋組織を再合成して強化する超回復より、生命維持のために病気や疲労を回復することを優先する性質があるのです。

加圧トレーニング理論編・・加圧トレーニングと血行の改善と血管の増加について

加圧トレーニングをすると血行が著しく良くなり、筋肉へ運ばれる酸素と栄養の量が増加します。その結果新陳代謝が活発になって筋肉が増加/増大したり、お肌がきれいになるなど美容的な効果も発揮します。これを繰り返すことで血管年齢が若返っていきます。

トレーニング器具の特性とトレーニング効果

インナーマッスル・トレーニングでは軽い負荷で十分なので、ほとんどの場合「ダンベル」「ゴムチューブ」「自重(自分の体重)」を負荷としてトレーニングをします。 トレーニング効果をあげるためには、使用する器具の特性を理解しておく必要があるので説明をしておきます。トレーニング器具によってトレーニング中の負荷特性が変化しますので、トレーニングする時はトレーニング器具と負荷の関係について理解して効果的なトレーニングを行ってください。

NO IMAGE

加圧トレーニング理論編・・加圧が短時間で効果的なトレーニングになる理由

トレーニングを続けていると、筋肉の収縮によって血液が停滞した状態になります。この状況を「パンプアップ」と言います。パンプアップした状態でトレーニングすることで筋肉を効果的に鍛えることができるのですが、一般のトレーニングでは、その状態まで持っていくのに長い時間と思い負荷を必要とします。加圧トレーニングはベルトで血流を制限することで「パンプアップ」した状態を作りだし、短時間で効果的なトレーニングを行えるのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告