加圧トレーニングと通常のトレーニングの違い

筋肉を鍛えることで、「強さ」「逞しさ」「美しさ」「若々しさ」「健康」などを手にすることができます。しかし、どんな方法を使っても「筋肉を疲労させる」段階がなくては筋肉を鍛えることはできません。ただし、筋力トレーニングの方法の選択とトレーニングメニュー、取り組み方の工夫次第で、トレーニングの時間を短縮することは可能です。その工夫のためにおススメなのが加圧トレーニングです。

肩こりとインナーマッスルの関係

肩こりとインナーマッスル間に深い関係があることを知っていますか?人間が動くために使う筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルが存在し、両者はお互いに協力し合って体を動かしています。つまり、アウターマッスルとインナーマッスルのバランスがとれていないと、体を鍛えていても体調不良やケガ、故障が発生する確率が高くなってしまいます。そして、肩こりという症状を引き起こす原因の1つが「インナーマッスルの疲弊」だと言われています。

安全を確保する加圧トレーニングの工夫

加圧ベルトで腕を締め付けることをとても「怖い」と感じる人もいるようです。しかし、現在の加圧トレーニングはトレーニングに必要な圧力を専属のトレーナーが見極め、対象者に最適の圧力を設定するとともに、加圧ベルトには適度な伸縮性をもつネオプレンが使用されているため、筋肉が収縮して腕や脚が太くなっても一定の圧力を保てるような工夫がされています。 正しい指導のもとで行えば、とても安全で効果の高いトレーニング方法です。

体を鍛える上でのよくある勘違い

比較的「どの筋肉を使っているか」を意識しやすいアウターマッスルに比べて、インナーマッスルはどの筋肉を使っているかが意識しづらく、インナーマッスルについての正しい知識がないと鍛えることが難しいのです。普段から体を使っていても、使っていないインナーマッスルはドンドン弱化していきます。若さや健康を保つためにも、正しいインナーマッスルの知識を身につけ、トレーニング習慣をもにつけていきましょう。

インナーマッスルと老化の関係

「見た目年齢」は、「シワの状態」「頭髪の状態」「髪型」「服装」「行動」などによって大きく変化しますが、実をいうと筋肉の状態も大きく関わっていると言われています。 日常生活に筋力トレーニングを取り入れて、アンチエイジング(若さの維持)を目指しましょう。特にインナーマッスルは年齢を重ねても鍛えやすい筋肉ですし、道具や場所に縛られずにトレーニングできます。ぜひ、生活の中にインナーマッスル・トレーニングを取り入れて、いつまでも、健康で若々しい見た目年齢を維持してください。

インナーマッスルトレーニングの疑問・・ストレッチについて

インナーマッスルのストレッチをする場合、インナーマッスルの働きを良く知ったうえで行わなければなりません。インナーマッスルの働きはアウターマッスルの補助から、インナーマッスルが主役になる回転運動まで様々だからです。アウターマッスルと似た動きをするインナーマッスルは、アウターマッスルを引き延ばす方向にストレッチをすることでアウターマッスルと一緒に引き延ばすことができます。しかし、インナーマッスルだけの独特の動きをする筋肉は、それぞれの筋肉の動きに合わせたストレッチの方法を考えなければなりません。

腸腰筋を鍛えて骨盤を安定させよう!!

骨盤周りのインナーマッスル・・大腰筋・小腰筋・腸骨筋の3筋を合わせて腸腰筋と呼んでいます。これらの筋肉は、骨盤を正常な位置に保つことにも関わっていますので、これらが弱ると、骨盤が正しい位置にとどまれなくなって、骨盤の歪みからくる様々なトラブルを引き起こす原因となってしまいます。(冷え、便秘、腰痛、生理不順・・etc)ですから、日常生活の中で腸腰筋を効率よく使って鍛える方法を考えてみましょう。

加圧トレーニングの特徴・・脂肪を効果的に落としながら筋肉をつける

加圧トレーニングでは、脂肪を落としながら筋肉をつけるという事ができます。加圧トレーニングでは、ダイエット(減量)中でも筋肉を発達、あるいは維持することができます。 その結果、筋肉量を維持し、脂肪だけが落ちていくという理想のダイエットが可能になるのです。ですから、加圧トレーニングはダイエット中のエクササイズにピッタリです。

ローテータカフを鍛えてスムーズな肩の動きにしよう

ローテーターカフというのは肩周りのインナーマッスルである4つの筋肉、「棘上筋」「棘下筋」「肩甲下筋」「小円筋」をあわせて呼ぶ総称です。これらの筋肉は、おのおの別の役割を持っていますが、4つの筋肉がそれぞれバランスよく力を出し合うことで肩関節の骨を正しい位置に調整してスムーズな動きができるようになります。四十肩、五十肩でお悩みの方も、ぜひバランスよく鍛えてください。

加圧トレーニングの特徴・・成長ホルモンの大量分泌

加圧トレーニングを行った後、成長ホルモンの血中濃度が著しく上昇します。なぜなら、成長ホルモンの分泌を促すのは乳酸(筋肉が披露する時に乳酸が作られます)で、血流制限をしながら行う加圧トレーニング中には乳酸を効率よく筋肉にためることができるからです。成長ホルモンの効果は、成長期を過ぎた大人にも子供と同様に現れます。成長ホルモンの分泌は体全体に影響を与え、若返りともいえる体のリコンディショニングを起こしてくれます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告