トレーニング日誌をつけよう1

毎日のコンディションを管理しましょう。毎日のコンディションを把握して生活習慣や食生活を見直したり、その日のトレーニング内容(種目や部位、強度や量)を調整しましょう。何より疲労の蓄積具合を把握してオーバートレーニングの予防につながります。

トレーニングと発達時期

敏捷性、瞬発力、スタミナなどを向上させるための最適な時期があります。各要素を向上させるためのトレーニング効果が顕著に現れる年齢があるからです。成長期のトレーニングは発達要素の時期と個人差を考慮して行うことが大切です。

筋肉はどれくらで回復しますか?

追い込んだ筋肉はおよそ48~72時間かけて回復するといわれています。そして損傷した筋繊維を修復するときに筋肉が成長していきます。しかし筋力トレーニングで筋肉を追い込むと腱や靭帯なども疲弊し回復には1週間程度必要だと考えられています。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告