食事・栄養一覧

食事について

特に要望がなければ食事制限はいたしません。ただし体づくりに必要な食の知識はご提供しますので、ご自分に必要な食事や食べ方を選択していただけるようなアドバイスをさせていただきます。食事制限が必要な方には専門の栄養士をご紹介いたします。

ケトジェニックダイエット(補足)

ケトジェニックダイエットと通常のダイエットとは大きく異なります。ケトジェニックダイエットは「糖質を「できるだけ制限する」ことが目的のダイエットではありません。 ですから、「とにかく糖質を減らせば良い」という事ではなく、糖質の代わりに脂肪からつくられたケトン体をエネルギーとして使える状態を体内に作り出すことが必要なのです。

ケトジェニックダイエットを成功させる献立のコツ

主食食材(ご飯、麺、パンなど)を上手に代用してください。水抜きした豆腐を細かく潰してチャーハンを作ったり、しらたきをパスタの麺の代わりにしたり、油揚げをピザ生地として使ったり、ポテトのおからを使ってポテトサラダをつくったり・・・糖質を多く含む食材の代用食材を上手に使うことで、糖質制限をしていても満足感のある食事にすることができます。

ケトジェニックダイエット1

ケトジェニックとはケトン体を作りだし、脂肪をエネルギーに変えることができる体質のことをいいます。
ケトジェニックダイエットをすると体質そのものが変わって、脂肪を燃焼させやすい体質になるので、一度ケトジェニック体質になればリバウンドしにくいということが大きな特徴です。このダイエット法の特徴は「低糖質のものならお腹いっぱい食べても良い」という点です。
ダイエットで禁止されがちなお肉を食べても良いのです。

トレーニング効果を上げる栄養補給のポイント2

新陳代謝(皮膚や内臓も含む)を正常に維持するためには体重1kgあたり1日0.8〜1.0gのタンパク質が必要だといわれています。筋肉を増強したいなら、体重1kgあたり1日1.2〜1.7gのタンパク質を摂るようにしましょう。
また、一回の栄養補給で吸収したタンパク質は約5時間程度で使い切ってしまうといわれています。
ですから、5時間以上タンパク質を摂取しないとカ必要なタンパク質を筋肉を分解して(タボリック)使ってしまいます。

トレーニング効果を上げる栄養補給のポイント1

運動すると筋肉中のグリコーゲン(エネルギー源)を消費してしまいますので、運動後に効率よく「炭水化物(糖質)」を補給することは疲労回復の重要なポイントになります。運動後30分以内に体重1kgあたり約0.7g、体重70kgなら約50g(約200kcal)を摂りましょう。
おにぎり、あんパン、果物、果汁100%ジュースなどや、エネルギーゼリーなど簡単に摂取できるものを用意しておきましょう。


認知行動療法によるダイエット5-15

極端にカロリー制限を行ったり、口にする食品に偏りがあると、栄養バランスが崩れたり、いくていくために必要な栄養素が不足してしまいます。「冷え」「むくみ」「貧血」「肌荒れ、抜け毛」「骨粗鬆症」などの原因に
なってしまいます。下剤常用、乱用
下剤を使って食べたものを早く排泄して栄養の吸収を少なくしてしまおうとする人がいます。これを続けると腸に耐性ができて、次第に下剤の効きが悪くなるので下剤の使用量ドンドン増えてしまいます。

筋力トレーニングと吹き出物

筋力トレーニングを始めてから肌に吹き出物が出るようになったと言われる方がいます。
筋力トレーニングを始めてから吹き出物が出はじめた場合、食事に原因があることがほとんどです。
筋力トレーニングしたことで空腹感を感じて食事量が増えたり、お腹が空いて糖質を摂り過ぎたりすることが多いのです。吹き出物が出ないようにしたいのなら、糖質を食べないようにするか減らしてみると良いでしょう。

筋肉をつける食事(糖質)

ダイエットを目的として筋力トレーニングを行う場合、糖質の摂取を制限される方も多いのですが、トレーニング後はプロテインと一緒に糖質を摂取しましょう。
トレーニング後の糖質摂取は筋肉を増強する上でとても重要な働きをするからです。トレーニング後の糖質によって使い果たした筋肉グリコーゲンを補給すします。
筋力トレーニングでは主に筋グリコーゲンをエネルギーとして利用するからです。筋肉グリコーゲンを補給できないと、筋肉の回復力が低下してしまいます。


加圧トレーニングの効果を上げる食生活2

ダイエットを目的として加圧トレーニングをする場合、特に糖分(炭水化物)の摂取に注意が必要です。脂肪の燃焼は運動直後から2~4時間ほど続きますので、運動終了後2~4時間は食事をしないか、炭水化物(できれば脂肪分も)を含まない食事を摂ることで脂肪燃焼効率が高まります。人間の体は食事をとると、それをすぐにエネルギーに換えようとするため、運動後に糖質を摂ってしまうと、摂取した糖質の分解が優先されてしまうので、脂肪が分解されにくくなってしまうのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告