一覧

トレーニングの効率を高める方法(上腕二頭筋)

今回は上腕二頭筋をターゲットにしたダンベルトレーニングの組み合わせについて考えてみたいと思います。上腕二頭筋を鍛えるトレーニングは、 インクラインダンベルカール、ダンベルカール、コンセントレーションカール3つを組み合わせて上腕二頭筋ををくまなく鍛えていきましょう。上腕二頭筋は長頭と短頭と呼ばれる2つの筋肉群で構成されています。
長頭は上腕二頭筋の外側、短頭は内側の筋肉です。

トレーニングの効率を高める方法(上腕三頭筋)

今回は上腕三頭筋をターゲットにしたダンベルトレーニングの組み合わせについて考えてみたいと思います。
上腕三頭筋を鍛えるトレーニングは、スタンディングトライセプス、ライイングトライセプス、トライセプスキックバックの3つを組み合わせて上腕三頭筋ををくまなく鍛えていきましょう。上腕三頭筋の伸縮幅が大きいものから行うことで上腕三頭筋を最後まで追い込んでいきます。

腕のインナーマッスル:親指側へ手首を持ち上げる

前腕(肘から先の部分)にある手首から先の部位を親指側へ引っ張り上げるのが腕橈骨筋いうインナーマッスルです。
腕橈骨筋は上腕骨(二の腕の骨)から手首の関節部分につながっています。
動かしながら前腕の親指側に触ってみると、筋肉の動きがわかるはずです。腕橈骨筋が収縮すると手首の関節の親指側が引っ張られて手首から先が親指側へと持ち上がる力が生まれます。

腕のインナーマッスル:小指側へ手首を持ち上げる

前腕(肘から先の部分)にある手首から先の部位を小指側から引っ張り上げるのが尺側手根屈筋いうインナーマッスルです。尺側手根屈筋は上腕骨(二の腕の骨)から手首の関節部分につながっています。
尺側手根屈筋が収縮すると手首の関節の小指側が引っ張られて手首から先が小指側へと持ち上がる力が生まれます。スティックロッド・ムービングは棒状の負荷(Stick load)を動かす(ムーブ)ことで尺側手根屈筋を鍛える種目です。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告