基礎知識一覧

クロストレー二ング

自分の専門競技以外のトレーニングを取り入れるトレーニングをクロストレーニングといいます。自分の専門競技のパフォーマンスの向上を目指すことができると同時に、「オーバートレーニング」を回避して故障の予防につながります。

動的体幹トレーングの種目紹介28

「ストレッチポール・バックアーチ」・・ストレッチポールの上にうつ伏せになって、両手両足を持ち上げるトレーニングです。左右のバランスを安定させることがとても難しいので、安定した体幹力を鍛えられます。「ダイアナゴル・ストレッチポール・バックアーチ」もご紹介しています。

障害のリスクを軽減するトレーニング

スロートレーニングはゆっくりとした動きで行う筋力トレーニングです。
実際に使用した負荷より高い負荷で行なった時のような効果が得られます。
軽い負荷で高い効果を得られるため、腱や靭帯を痛めにくいトレーニングです。スロートレーニングは軽い負荷で効果を出すことができるので、器具を使わなくても良い種目も多く、器具を使いにくい腕立て伏せや腹筋などにも応用できます。

動的体幹トレーングの種目紹介27

バランスボールの上にうつ伏せになって、トレーニングベンチなどを持って上半身を固定した状態で下半身を持ち上げるトレーニングです。通常のリバース・バックエクステンションと比べて、バランスボールの不安定な動きを制御しながら下半身を持ち上げる必要があるので、さらに安定した体幹力を鍛えられます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告