健康管理一覧

加圧トレーニングとタバコ

活性酸素(過酸化水素)を除去除去するためにビタミンCが大量に消費されてしまいます。
ビタミンCはコラーゲンを作る時に必要なので、靭帯、腱、皮膚が弱くなってしまいます。ケガをするリスクが高まり、老化も促進されてしまいます。

白血球やリンパ球の形成にもビタミンCは必要なので免疫力も弱くなります。
タバコ1本で25~100mgのビタミンCが消耗します。
禁煙と加圧トレーニングはセットで考えた方が良さそうです。

スポーツ中の体温調節2

人間の比熱(ある物質1gの温度を1℃だけ高めるのに要する熱量のこと)は0.83Calです。つまり、体重80kgの人で考えた場合、体温を1℃上げるには80kg×0.83=68.8kcalが必要だということです。水の蒸発潜熱は0.585kcal/gだから、68.8kcal÷0.585=117mlつまり117mlの汗をかくことで1℃の体温上昇を抑えていることになります。夏の炎天下に10分歩くと約100mlの汗をかくそうですから,もし、汗をかかなかったら20分で体温が2度も上昇してしまう計算になります。

スポーツ中の体温調節1

熱産生について理解する最大の目的は、体温調節の知識を持つことで、熱中症などを防ぎ体を守ることです。ですから、体温が上昇する環境にいる人、スポーツをする人は、自分の発汗量を定期的に把握するようにしてください。スポーツ前後の体重を測定し、その差を計測することである程度把握することができます。夏場にトレーニングを行うスポーツ選手は必ず計測して自分の発汗量を把握しておきましょう。

加圧トレーニングとリハビリ

加圧トレーニングとリハビリ・・加圧トレーニングでは「短時間のトレーニングで効果が発揮できる」「トレーニングを低負荷で行うことができる」「寝たまま行うことが可能なので、可能な部分からトレーニングを行うことができる」「成長ホルモンが多量に分泌されるので回復力が向上する」「血管の収縮を促進し、血流が向上するため回復力が向上する」など理由で、リハビリトレーニングに加圧トレーニングをもちることで運動機能を回復したと言う報告が増えてきています。

加圧トレーニングと寝たきり状態

加圧トレーニングには、「寝たままでも行えること」「成長ホルモンが大量に分泌され、筋肥大と筋力増強の効果が得られること」「低強度のエクササイズで効果が得られること」などから、加圧トレーニングをリハビリに取り入れることで寝たきりから回復するのに役立ったという報告が沢山あるのです

NO IMAGE

加圧トレーニングと心の症状

加圧トレーニングと心の症状・・加圧トレーニングで大量に分泌される成長ホルモンにより、うつ病や認知症の改善が期待できます!! 加圧トレーニングで大量に分泌される成長ホルモンには「活力の増強」「情緒の安定」と言った精神的な作用があるからです。

加圧トレーニングと骨密度

加圧トレーニングと骨密度・・・骨粗鬆症は加齢、閉経後の女性、無理なダイエットをした人、女性アスリートに多く見られます。女性は特に注意しましょう!!骨密度を高めるためには適度な運動が必要ですが、加圧トレーニングはとても効果的です。

加圧トレーニングと血栓予防

加圧トレーニングと血栓予防・・・加圧トレーニングを普段からしていると、血管の弾力性が増すこと、第2の心臓ふくらはぎの筋力が増すこと、筋肉全体の柔軟性が増すこと、血中の酸素濃度が高くなること、血栓を溶かす因子(t-PA)が増加することなどから、血栓ができることで起きる病気(エコノミークラス症候群、脳血栓など)を予防することができると考えられています。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告