休養一覧

練習期の食事と休息1

練習をすると筋肉がダメージを受けます。そこから回復する時に以前より筋力が向上(超回復)するのですが、超回復には適切な栄養と休息が必要です。休息をしている間に摂取した栄養を使って体を回復させるからです。つまり、量を食べれば良いわけではなく、超回復に必要な栄養をバランスよく摂取することが必要なのです。1.適切な練習+2.適切な栄養+3.適切な休息=4.超回復 なのです。

インナーマッスル・トレーニングと栄養

人間の筋肉はタンパク質からできていますので、トレーニングによってダメージを受けた筋肉を回復、増強させるためには、たくさんのタンパク質が必要になります。もちろん、タンパク質さえ摂っていれば良いかというとそうではありません。筋肉を効率よくつけるためには5つの栄養素が必要です。「タンパク質」「糖質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」です。この5つの栄養素の必要摂取量は人によってかなりバラツキがありますので、試しながら自分に必要なバランスを見つけていってください。

トレーニング間隔とインナーマッスル・トレーニング

トレーニング間隔とインナーマッスル・トレーニング・・インナーマッスルはアウターマッスルと比較すると回復が速いので、短い間隔でトレーニングを行えるという特徴があります。しかし、実際にトレーニングを継続していくためには、回復のための休養が必要であることはアウターマッスルと同じです。トレーニングの間隔を決めるために休養ついてもう少し考えてみましょう。

体調とインナーマッスル・トレーニング

体調とインナーマッスル・トレーニング・・体調が悪い時や疲れが溜まっていると感じる時は、積極的に休養をとった方が賢明です。体調が悪いとトレーニングの効果は下がってしまうからです。体は病気や疲労などで体調が悪化すると、「体を強くする事」より、「生命維持」を優先する性質があるからです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告