フォーム一覧

NO IMAGE

インナーマッスル・トレーニングを継続するために

インナーマッスル・トレーニングを継続するために・・目的の筋肉が「動いていない」「効いている感じがしない」と感じると、中々トレーニングを継続できないものですが、これらの筋肉は通常のトレーニングでは鍛えにくいので、対象の筋肉を意識しながら、筋肉の場所や動き方を頭でイメージしながら根気よく取り組んでいく必要があるのです。また、モチベーションを維持するための工夫が必要です。

トレーニング効果をアップするため筋肉の基本的性質を知っておこう!!②

インナーマッスルを意識して動かすことはとても難しいことです。最初の内は完全な不随意筋で自律神経のコントロール下にあるため意識して動かすことはできないと考えた方が良いようです。しかし、正しいフォームや動き、スピードでトレーニングをすることでインナーマッスルは初心者でも動かすことができますので、インナーマッスル・トレーニングでは、正しいフォームや動き、スピードを守るための工夫が必要だという事を知っておいてください。

インナーマッスルトレーニング・・フォーム/姿勢チェック

インナーマッスルトレーニング・・フォーム/姿勢チェック・・姿勢の確認とフォームの確認を繰り返し行いながらトレーニングすることで、偏った姿勢・間違ったフォームでのトレーニングを防止する事ができます。 正しい姿勢とフォームでトレーニングを行うことはトレーニング効率を向上させるだけでなく、ケガの防止にもつながりますので、繰り返し繰り返しチェックを行いながらトレーニングをしておきましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告