トラブル一覧

熱中症と汗

大量に汗をかくと体の水分が減少してしまうので、体は発汗を抑えて水分量を維持しようとします。水分量の減少によって低下してしまう体の機能を維持しようとするのです。その結果起こるのが熱中症です。めまい、頭痛、けいれん、吐き気など様々な症状がありますが、ひどくなると意識障害や死を引き起こしてしまいます。熱中症を予防するためには適切な水分補給を行う必要があります。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告