アンチエイジング一覧

寝ながらトレーニング

高周波は1秒間に7万回の振動を作り出す電波によって電界を作り出して、全身をくまなく刺激します。加圧用ベルトで目的の部位を締め付けながら高周波をかけることで、成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンにはダイエット(新陳代謝を活発に)、血行促進(血管機能向上・血管の弾力が蘇る)、回復力アップ、筋力アップ、若返り・美肌など様々な効果があると言われています。

血流アップの寝ながら加圧のススメ

寝たまま加圧をするだけで、除圧後の血液循環が向上します。血液循環が向上すると、各細胞への酸素、栄養素などが十分にいきわたるようになります。それは細胞が若々しく健康な状態を維持することにとても役立ちますし、代謝が向上することにもつながり、痩せやすい体質になること、冷えない体質になることなどに繋がります。血流アップのための「締めるだけ加圧」(加圧ベルトを締めて横になるだけ)を生活に取り入れてみましょう。

循環系の調節システムと加圧トレーニング

循環器系のトレーニングは心肺機能を高め運動能力や持久力をあげるというだけではなく、心の安定、血管の若々しさを保つ、ホルモンバランスを調えるといった、健康増進やアンチエイジングにも大きく関係しているのです。 循環器系のトレーニングを行う場合は、ある程度の時間をかけて心拍数の上昇と血圧の上昇を起こさなければなりませんが、加圧トレーニングでは、圧をかけることで血圧が上昇し、心拍数も上昇しやすくなりますので、短時間で循環器系の調整を行うホルモンの分泌量も影響を受けると考えられます。

加圧トレーニングと循環器の関係

加圧トレーニングは、加圧することによって、血管の膨張と毛細血管の増加を促します。もちろん、循環器系に疾患がある場合は、医師に相談する必要はありますが、血管の膨張と毛細血管の増加は「血管の若返り」「血流の改善」「細胞の栄養状態の向上」などにつながり、アンチエイジング、若々しい皮膚や筋肉、循環器系の病気予防、疲労改善などに繋がります。

インナーマッスルと老化の関係

「見た目年齢」は、「シワの状態」「頭髪の状態」「髪型」「服装」「行動」などによって大きく変化しますが、実をいうと筋肉の状態も大きく関わっていると言われています。 日常生活に筋力トレーニングを取り入れて、アンチエイジング(若さの維持)を目指しましょう。特にインナーマッスルは年齢を重ねても鍛えやすい筋肉ですし、道具や場所に縛られずにトレーニングできます。ぜひ、生活の中にインナーマッスル・トレーニングを取り入れて、いつまでも、健康で若々しい見た目年齢を維持してください。

加圧トレーニングと心臓/血管/筋力の関係

加圧トレーニングとアンチエイジング・・・足のつけ根を加圧しながらトレーニングをすることで、低強度のトレーニングでも心臓や血管の機能を効率よく高めるためのトレーニングができるので、血管や心臓を若く保つことに繋がり、血流によって体中に運ばれる栄養や酸素の量が増加させるため、美肌やアンチエイジングにも高い効果があると考えられています。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告