アスリート一覧

加圧トレーニングと有酸素運動・・ファルトレクトレーニング

ファルトレクトレーニングは屋外で行うアップダウンの地形や草原や砂地などの自然環境を利用したトレーニングです。軽強度と高強度の緩急の変化を盛り込むことでより高いトレーニング効果を目指します。最大酸素摂取量、乳酸性作業閾値、運動効率、エネルギー利用の向上効果が期待できます。トレーニングに単調さを感じた時に取り入れることでトレーニングに変化を取り入れられるのでトレーニングに対する集中力が増すことも効果の1つです。

加圧トレーニングと有酸素運動・・レペティション(反復)トレーニング 

レペティショントレーニングの目的は無酸素的能力、運動急速期のスピード(有酸素持久力レースでのラストスパート)の向上です。最大パワー、最大スピードの強度で30~90秒程度の運動を行います。1回ごとにしっかりと回復できるように運動:休息比=1:5程度の割合にしてシッカリ休息を取ります。反復回数は5~6回程度で最大パワー、最大スピード、時間を保てなくなることを目安として設定します。

加圧トレーニングと有酸素運動・・インターバルトレーニング

最高心拍数に近い強度でトレーニングを行い、休息を取り回復したら、また最高心拍数に近い強度でのトレーニングをし、また休息を取回復させるという繰り返しを行うトレーニングです。インターバルトレーニングでは運動時のスピード、休息時間、繰り返しの回数によって有酸素性能力、最大酸素摂取量(VO2max)、無酸素状態での持久力(スピード持久力)の向上効果が期待できます。インターバルトレーニング前に加圧トレーニングを出すことで血流状態を改善し、成長ホルモンを大量に出しておくことで、トレーニング効果を高めることができます。

加圧トレーニングと有酸素運動・・ペーストレーニング

ペーストレーニングは「心拍数を計測できる心拍計で心拍数を測りながらキツイと感じる強度(最大心拍数の約80%以上をキープすること、体内に乳酸が急速に蓄積され始めます。やや高めのペースで20-30分継続して行うこと)でトレーニングを行うことで乳酸が発生する乳酸性作業閾値を向上させることができるので疲労に達するまでの時間を伸ばすことができるトレーニングです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告