2017年02月一覧

健康的な食事の仕方2

健康的な食事を続けることが、体重維持だけでなく、健康、若さ、美しさ、快適な生活を継続するため重要なポイントであることを受け入れられるようになるまで、繰り返し学びと実践を続けてください。運動を積極的に取り入れる場合は脂質を抑えてタンパク質の摂取量を増やす必要があります。カロリーの多い脂質を減らしながら脂質の種類のバランスをとること、満腹感を得るために穀物、野菜、果物を摂取しながら生活状況に合わせてタンパク質の摂取量と調節してバランスをとることがポイントです。個人によって体質の違いや運動量の違いなど生活スタイルの違いがありますので、体調と減量の様子を見ながらサポーターとともに食事のバランスを調整していきましょう。

トレーニングの種類と実践9

フリーウェイトトレーニング8(肩周りの筋肉を鍛える)・・・バランスを考えながらトレーニングすることが、ケガや不調の予防につながります。一つの種目にこだわらず、複数の筋肉をバランスよく鍛えることを心がけましょう。今日はフロントプレスをご紹介します。ポイントを守って目的の筋肉へピンポイントで働きかけられるように、効果的なトレーニングを目指しましょう。

動的体幹トレーングの種目紹介18

床に仰向けになった状態から両手、両足を同時に持ち上げて体でVの字を作るシットアップです。バランスを取るのが難しいのでつま先タッチより難易度が上がります。体を屈曲させる筋力と、不安定な姿勢でバランスを保つ能力の向上が期待できます。

健康的な食事の仕方1

ダイエットを行う上で最も大切といって良いことが健康な食事についての知識を持ち、それを実践できることです。
高脂肪食、高カロリー食を好む人には特に重要なポイントとなります。ダイエットを開始してから、できるだけ早い時期に健康的な食事について学び、実践のためのチャレンジを開始しましょう。注意しなければならないことは体重を落とすことに成功すると、多くの人がダイエット開始以前の食事パーターンに戻ってしまうということです。

身体活動を増強する8

多くの人が運動することは大変なことで、続けられないと考えているようです。
特に大幅なダイエットをしようとする人は、体重が重く体を動かしにくいスタイルになっているので、運動を継続することをとても困難なことだと感じる傾向があります。
また、運動している姿を他人に見られることに恥ずかしさや抵抗を感じたり、運動に適した服装をすることが難しい場合もあります。

トレーニングの種類と実践8

腕を使う動作の起点になる肩の筋力を向上させることは、ほとんどの競技でパフォーマンスを向上させるために必要です。腕の動きは自由度が高く、その動きを作り出す肩の構造は複雑になっていて、複数の骨、筋肉、靭帯などによって構成される複合関節です。ですからそれらの組織のバランスを考えながらトレーニングすることが、ケガや不調の予防につながります。一つの種目にこだわらず、複数の筋肉をバランスよく鍛えることを心がけましょう。今日はショルダープレスをご紹介します。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告