2016年10月一覧

ダイエットの障害を解消しよう7

普段摂っている食事食事の1人分の量は人それぞれ異なります。
体重が増えてしまう人のほとんどは、1人分の食事の量が多めになっています。ダイエットを成功させたいなら、周囲の人を観察して1人分の量について比較して、自分の一人前の量を見直す必要があります。食事の重さを測り比べてみましょう。自分の食事の量だけでなく、家族や気兼ねのない友人などの食事の量も測ってみましょう。現在は携帯できる計りなどもあるので、常時持ち歩くと良いでしょう。

加圧トレーニングのQ&A No.2

加圧ベルトを腕や足に巻くことで血流を制限した状態でトレーニングをした後、加圧ベルトを外して圧力を除くと血液が流れやすくなるのです。加圧トレーニング前の血液が流れる時に発生する抵抗を1とすると、加圧ベルトで圧力をかけた時の抵抗は血流が制限されて1.7倍になります。トレーニングが終わって加圧ベルトを外して除圧すると、抵抗は0.6まで下がるんので血流が増大するのです。

トレー二ングプログラムの作成2

特定のトレーニング種目を実施する時、その動作の反復回数を「レップ数」といいます。
そして連続した一定のレップ数のことを1セットといいます。例えば、動作を10回繰り返す(10レップ)なら、10回が1セットということになります。
筋力強化や増強が目的のトレーニングの場合、1セットだけでは筋肉への刺激が不十分なので、通常はセットとセットの間にインターバル(休息)をはさんで、数セットを繰り返します。そして、この時のセットの構成の仕方を「セットシステム」(セット法)と呼んでいます。

パーソナルトレーニングのQ&A No1

30代を超えて代謝が悪くなったせいか太りやすくなったこと、お尻や胸が下がってきたことで、お風呂上がりに自分の姿を見るのが辛くなってきました。
ジョギングなども考えたのですが、どうしても気乗りがせず筋力トレーニングをおこなってみようかと思います。ただ、友人から「筋力トレーニングをすると筋肉がつきすぎてゴツゴツしちゃうよ」と言われて迷っています。
筋力トレーニングをすると女性らしい体ではなくなってしまうのでしょうか?

ダイエットの障害を解消しようよう6

ダイエットの(体重減少を目指す)段階では、食事が過度に不健康でなく、予定通りの体重減少が起きていれば特別意識する必要はありません。食品を選択することで、過度な精神的な負担を感じすぎないように気をつけましょう。体重維持の段階に入ってから、食品選択のスキルの向上を目指しましょう。

動的体幹トレーングの種目紹介8

スタンディング・オーバーヘッド・トランクカール(マシン)・・・ケーブルに接続されたウェイトを引き上げるマシンを使って立った状態で行うトランクカールです。
背骨をしっかり丸めながら、おへそを覗き込むようにします。骨盤を動かさないようにしっかり固定して行います。
マシンのハンドルを頭の後で持って、腹直筋を使って引っ張るトランクカールです。丸めた背中を戻すときに、ゆっくりと戻すことを意識しましょう。


加圧トレーニングのQ&A No.1

加圧トレーニングは通常のトレーニングと比べて、短時間で高い効果が得られるトレーニングです。そして、その効果は多岐に渡ります。(ダイエット(新陳代謝を活発に)、血行促進(血管機能向上・血管の弾力が蘇る)、回復力アップ、筋力アップ、若返り・美肌など)ただ、腕や脚に血流制限のためのベルトを巻きますので、「怖い」と感じる方も多いようです。脚の方はそうでもないのですが、腕の血流制限を最初嫌がる方は多くいます。

トレー二ングプログラムの作成

トレーニング種目は、最初に行った種目の効果が最も大きく、後に行った種目ほど効果は小さくなります。ですから、効果が高いトレーニングプログラムを作成するためには、トレーニングする人にとって重要度が高いトレーニング種目から行うことが重要です。トレーニング種目の順番を決める時の基本的な考え方は、「大きな筋肉や多数の筋肉を使う種目」を先に行って、「小さな筋肉や使う筋肉が少ない種目」を先に行うというものです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告