2016年09月一覧

筋力トレーニング条件の設定

競技能力を高める目的で筋力トレーニングを行う場合、「その競技で発揮される筋力」を向上させる必要があります。そのためには、目的とする動作と類似したトレーニング条件を設定することが大切です。例えば、サッカー選手が足の筋力を高めたい場合は、ダッシュする動作に類似した条件を設定してトレーニングを行うのです。ですから、筋力トレーニングを行う場合、最初に目的を明確にして、その目的に合わせたトレーニング条件を設定することになります。

ダイエットの障害を解消しよう3

自分で設定した総摂取カロリーを守るためには、食事に対してプランを立てて、それに従って食事で接種するカロリーを分配するようにして、それ以外は食べ物を口にするのはやめましょう。

無理に食べ物を我慢することは「むちゃ食い」や「ついばみ食い」につながり、ダイエットの妨げになってしまいます。気持ちの強さだけでなく食べ方に十分に配慮することで、カロリー制限のストレスを最小限に抑えましょう。

動的体幹トレーングの種目紹介6

チェア・トランクカールは椅子に座って行うトランクカールです。背骨をしっかり丸めながら、おへそを覗き込むようにします。通常のトランクカールより上体を意識しやすく、強度も低いので、初心者でもやりやすい腹直筋を鍛える腹筋運動になります。椅子に深く座るやり方と浅く座るやり方があるので、上体の動きを意識しやすい方で行ってみましょう。呼吸と上体の動きをシッカリと意識して行うことで効果的に行うことができます。

超回復力を向上させる

トレーニングをすると筋肉は疲労しダメージを受けます。そしてある程度の時間(48~72時間)かけて、その疲労とダメージを回復します。 この時、トレーニングの刺激や間隔が適切であれば以前より高いレベルまで回復します。この現象を「超回復」と呼んでいます。超回復が完了するまでしっかりと休養をとり、次のトレーニングで適切な刺激を筋肉に与えれば、筋肉は徐々に成長していきます。

NO IMAGE

ダイエットの障害を解消しよう3

食べたり飲んだりしたものを正確に記録したり、正確にカロリー計算をすることが苦手な人がいます。
ダイエットが停滞している場合、記録が不正確だったり、カロリー計算が正しくできていないことで、自分が設定したカロリーより多くのカロリーを摂取している場合が少なくありません。

自分ではカロリー制限をしていると思い込んでいるので、カロリー制限しても体重が減らず、大変な思いをしてカロリー制限をしても何の結果も得られないと思いこんでしまうようになります。

TRX®トレーニングについて

TRXサスペンショントレーナーは米海軍特殊部隊の司令官であったランディ・へトリック(TRXの最高経営責任者)により開発された最高レベルのワークアウト システムです。重力と自重を活用し、数百種類のエクササイズを行うことができます。
体力、筋力、バランス、柔軟性、敏捷性、コアの安定性などあらゆる要素を同時に鍛えることができます。トレーニングレベルはTRXサスペンショントレーナーの長さや姿勢によって、自由にコントロールができます。

過負荷(オーバーロード)と筋肉の変化

体の機能は受けた刺激によって変化していきます。刺激が適度に強ければその機能は向上し、低い刺激が続けばその機能は低下していきます。筋肉はその傾向が特に強いので、普段より強い運動刺激があると、その刺激に適応する形で強化されていきます(超回復)この時の強い刺激のことを過負荷と呼んでいます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告