2016年06月一覧

認知行動療法によるダイエット6-11

摂取カロリーを守る為に計画して準備したのに、その場で「まだまだ食べなければならない」という心理的圧力を感じてしまうことがあります。
対策をとりましょう。例えば、食事を残さず食べないと、食事を用意してくれた人や周囲の人が気分を悪くするのではないかと心配しているなら、今の気持ちや事情を丁寧に話してみましょう。こうした対処が周囲に対して失礼になると思うのなら、その考えについて、もっと検討してみましょう。

体幹トレーニングを取り入れたいアスリートへ2

体幹トレーニングを練習前のウォーミングアップとして取り入れましょう。練習前に意識したい体幹筋に事前に刺激を与えておくことで、練習中や試合中にターゲットにした体幹筋を効率良く動かすことができるようになるからです。練習前は意識して強化したい体幹筋に、試合前は自分が弱点だと思う動作で使用する体幹筋に、ウォーミングアップで刺激を与えておくと良いでしょう。

主働筋・協働筋・拮抗筋

ある動きをする時は、主働筋と協働筋が収縮し、その動きにおける拮抗筋が弛緩することでスムーズに動作ができるのです。
この関係を「相反神経支配」といいます。主働筋だけでなく周囲の協働筋や拮抗筋も鍛えることによって、筋力バランスが向上して主働筋をより効果的に動かすことができるようになったり、筋肉や腱、関節の故障をしにくくなることにもつながります。

認知行動療法によるダイエット6-10

外食、休暇、特別なイベントなど、日常とは異なる場面をリストアップしましょう。
このような特別な場面では、カロリーを制限することが普段より難しくなってしまうものです。ですから、「特別な場面」を前もってリストアップして、その場で起こる問題に対して、どうやって対処するかを事前に計画して外在化(書き出す)しておきましょう。、他人の家で食べる場合もいつもの環境とは異なる状態での食事になりますので、あらかじめ準備をしておく必要がります。

体幹トレーニングを取り入れたいアスリートへ

最初から競技で使う動作に近いトレーニングを行うよりも、基礎的な動作能力を高めるトレーニングを優先させることで、より高いトレーニング効果を期待することができます。例えばサッカーなら、基礎動作の向上トレーニングの中に、蹴る動作といった競技で使うメイン動作を向上させるトレーニングを取り入れていくということです。メイン動作のトレーニングはポジション別に必要なトレーニングを取り入れると良いでしょう。

筋肉と骨・関節の関係

人の体には大小合わせて約200の骨があって、骨と骨を腱や靭帯が繋げています。
骨と骨が繋がっているところを関節といい、それを大小合わせて約400の筋肉が動かしています。筋肉は関節をはさんで両側の骨にくっついています。
筋肉が脳から信号を受け取って収縮すると、筋肉は関節をはさんで両側の骨に繋がっているため骨が動いて関節が曲がります。

認知行動療法によるダイエット6-9

外食、休暇、特別なイベントなど、日常とは異なる場面をリストアップしましょう。
このような特別な場面では、カロリーを制限することが普段より難しくなってしまうものです。ですから、「特別な場面」を前もってリストアップして、その場で起こる問題に対して、どうやって対処するかを事前に計画して外在化(書き出す)しておきましょう。

とりあえず体幹トレーニングしたい方へ2

体幹トレーニングの初心者に最も注意してもらいたいことは、間違ったフォームで体幹トレーニングを続けてしまうことです。回数や時間などの結果ばかりに意識が向いてしまうと、その目標をクリアするために無理をして崩れてしまったフォームが身についてしまいます。間違ったフォームのまま体幹トレーニングを続けてしまうと、肩や腰など目的以外の部位に高い負荷がかかってしまうことで、体幹トレーニングの効果が出ないばかりか故障の原因になってしまいます。

筋収縮の種類

筋肉が収縮して力を発揮することを「筋収縮」といいます。
筋収縮には大きく分けて2種類があります。* アイソメトリック・コンストラクション(等尺性収縮)
筋肉が長さを変えずに力を発揮すること
、* アイソトーニック・コンストラクション(等張性収縮)
筋肉が長さを変えながら力を発揮すること

に分類されます。アイソトーニック・コンストラクションはさらに* コンセントリック・コンストラクション(短縮性収縮)、* エキセントリック・コンストラクション(伸張性収縮)に分類されます。

認知行動療法によるダイエット6-8

外食、休暇、特別なイベントなど、日常とは異なる場面をリストアップしましょう。このような特別な場面では、カロリーを制限することが普段より難しくなってしまうものです。ですから、「特別な場面」を前もってリストアップして、その場で起こる問題に対して、どうやって対処するかを事前に計画して外在化(書き出す)しておきましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告