2015年12月一覧

トレーニング時間を短くする方法

負荷をコントロールする方法にセット間のインターバルの時間を短くするという方法があります。セット間にインターバルを取ることは必要ですが、インターバルを取る目的は次のセットで使用している負荷を使ってしっかりと動作をして目的の筋肉に十分な刺激を与えることです。ですから、インターバルの時間の目安が1分〜3分だからといってそれだけ「休まなくてはならない」といことではありません。


効果的な加圧トレーニングの方法

大切なことは3セット目の10回〜12回でオールアウトするようなプログラムを作ることです。
3セット目に10回〜12回でオールアウトするための圧力、負荷、回数は個人差がありますので、3セット目の状態を見ながら1セット目、2セット目を調整していってください。また、加圧しているだけでカロリー消費量が増加します。

認知行動療法によるダイエット5-4

本来の目標(ダイエットを通して実現したいこと)書き出しましょう。
「1-2.ダイエットの目的について確認しましょう」で書き出した「ダイエットを通して本当に手に入れたいもの」のフォームを記入しながら、自分の「本来のダイエットの目標」を整理してみましょう。最初に決めた目標が自分の「本来のダイエット目標」を達成するために本当に必要な数字なのかをチェックしてみましょう。

スロートレーニングで負荷を高めよう

自宅で軽い負荷を使っても筋肉を効率よく太く大きくするトレーニングをすることは可能です。
動きをゆっくりにすることで筋肉へ負荷がかかる時間を長く取るようにして、負荷を高めることができるのです。
いわゆるスロートレーニングです。1つの動作にかける時間を1秒から3秒にすると筋肉に負荷がかかる時間が3倍に増えるのです。さらに負荷を上げるためには動作の切り替えの際、関節を伸ばしきらない、曲げきらないようにすると良いでしょう。

加圧トレーニングと通常のトレーニングを組み合わせよう

加圧トレーニング後2~3時間経つと、体では筋肉を作り始めます。(筋肉合成)
筋肉合成は開始後1~2日で完了します。通常の筋力トレーニングを行う前に加圧トレーニングを行い、通常の筋力トレーニングの終了時刻が加圧トレーニングの終了後2〜3時間程度後になるようにすることで、効果的に筋肉合成をすることができます。

認知行動療法によるダイエット5-3

ダイエットに関わる数字について自分の現在の数字と目安となる数字を把握して、「自分の目標がいき過ぎていないか?」「健康上問題がないか?」「体重減の目標が現在の体重の5%~10%におさまっているか」など、ダイエットの目標の適性や危険性などについて十分に検討をしてみましょう。目標とする体重、体型や体重に対する捉え方を明確にしましょう。 目的が短期間の体重減だけでなく、ダイエット後の体重を維持し続けることであることについてもあらためて確認しておきましょう。 数字の意味やわかりづらいところはサポーターから十分な説明をうけて理解し、目標体重の妥当性を検討できるようになりましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告