2015年11月一覧

加圧トレー二ングで体幹を鍛えよう

加圧トレーニングをすることで分泌が促進される成長ホルモンは血液によって体中を循環して、トレーニングによってダメージをうけた筋肉に優先的に働くという性質があります。ですから、加圧トレーニングの前後に体幹部分の鍛えたい部位に高い負荷を使ったトレーニングでストレスをかけておく事で効率的に鍛える事ができるようになります。


アスリートのためのメンタルトレーニグ9

認知的不安と身体的不安は相互に影響を与えあっています。
認知的不安と身体的不安に上手に対処して最高のパフォーマンスを引き出せるようになっていきましょう。認知的不安から起こる身体的不安への対処法法にはマッサージ、ストレッチ、深呼吸、落ち着く音楽を聴く、手足の力を抜く、自律訓練法(様々な部位に意識を向けながら心を落ち着ける方法)、筋弛緩法(力を入れてから抜いて筋肉を緩める)などがあります。

インナーマッスルトレーニングとプロテイン

アウターマッスルのトレーニングをする時プロテインを摂取するのは筋肉を修復・合成するために必要なタンパク質不足を防ぐことが主な目的です。
トレーニングをすることで筋肉がダメージを受けるので、トレーニングすることでタンパク質の必要量が増加するからです。
増加したタンパク質の不足分を普通の食事だけで補うのは大変ですから、プロテインを使って手軽にタンパク質を補給するわけです。


加圧トレーニングの圧力設定について

無理して圧力を上げると、血流状態が悪くなりすぎて十分な回数や時間のトレーニングができなくなったり、力が出なくなって十分なトレーニングができなくなってしまいます。痛みによって可動域が小さくなって返ってトレーニング効果が落ちてしまいます。加圧とレーングは効果が高く効率の良いトレーニング方法ではありますが、体が変わっていくためには時間が必要です。
インストラクターと適性圧を見極めながら加圧トレーニングを行うようにしてください。

認知行動療法によるダイエット4-3

認知行動療法を応用したダイエットの最大の特徴は、ダイエットに取り組む過程で生じる様々な問題についてサポーターが心理学的側面からバックアップしてくれる事です。ダイエット中生じる問題をサポーターが心理学的に立場から支えてくれます。その問題をその人の意思の弱さや性格的な問題だと決めつけずに心理学的立場から分析し、どうすればその問題を解決しダイエットを成功させられるかについて、共に考えバックアップしてくれます。

アスリートのためのメンタルトレーニグ8

競技不安には身体的不安と認知的不安の2種類があります。1.認知的不安レベルが低いとパフォーマンスの質は高くなり、認知的不安レベルが高いとパフォーマンスの質は低くなります。2.身体的不安レベルは、低すぎても高すぎてもパフォーマンスの質は低くなるので、適度なレベルの身体的不安があることで最も高いパフォーマンスを出す事ができます。3.認知的不安を解消するには「心の状態」に働きかける方法、身体的不安を解消するためには「体の状態」に働きかける方法が有効です。

腕のインナーマッスル:親指側へ手首を持ち上げる

前腕(肘から先の部分)にある手首から先の部位を親指側へ引っ張り上げるのが腕橈骨筋いうインナーマッスルです。
腕橈骨筋は上腕骨(二の腕の骨)から手首の関節部分につながっています。
動かしながら前腕の親指側に触ってみると、筋肉の動きがわかるはずです。腕橈骨筋が収縮すると手首の関節の親指側が引っ張られて手首から先が親指側へと持ち上がる力が生まれます。

認知行動療法によるダイエット4-2

困難な問題にへの対処法についての理解するために問題解決法の考え方を理解しましょう。
問題解決法の手続きは5つのステップに分けて行います。第1ステップ:問題を肯定的に捉えられるようになる事
第2ステップ:問題を明確にし、整理する
第4ステップ:最良の解決方法を選択する(意思決定)
第5ステップ:解決方法の実行と効果の検証
ただし、うまくいかなかった点ばかりに注目すると、取り組みへのモチベーションが低下して取り組みを行えなくなってしまいますので「うまくいった点に着目すること」「自分を褒めること」を積極的に行って、モチベーションを保つようにしましょう。

アスリートのためのメンタルトレーニグ7

モチベーションを高める方法にはいくつもの方法がありますが、それらは大きく「外発的モチベーション」と「内発的モチベーション」に分けることができます。

「外発的モチベーション」には報酬、賞賛、応援、援助、結果、周囲からの強制、ロールモデル(憧れの選手など)などがありますが目標設定なども強く関わっています。
目標設定が明確になっていると、自分が手にしたい結果をイメージできるような刺激や情報がモチベーションを保つためにとても役に立つからです。

加圧トレーニングと乳酸

強度の高い運動をすると筋肉内に乳酸が増加します。乳酸には筋肉内にある成長ホルモンを分泌させるスイッチを押して脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促進する作用があるので乳酸が増加すると成長ホルモンの分泌が盛んになります。
加圧トレーニングは血流制限を行ったままトレーニングを行うことで乳酸を効率的に筋肉内に溜めることができるので、効率良く成長ホルモンの分泌を促進することができます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告