もっと詳しく加圧トレーニング一覧

加圧トレーニングで効果的に心肺機能を高めよう

加圧トレーニングに慣れていない場合は、加圧トレーニングを行った後に有酸素運動を行ってください。
ポイントは筋力トレーニング(無酸素運動)をする時に筋肉にたまる「乳酸」です。筋力トレーニングによって筋肉に乳酸がたまるので、その後に有酸素運動をすることで体は乳酸を分解してエネルギーに変えるため、疲れにくくなり、有酸素運動を長く続けることができるからです。

加圧トレーニングで効果的にインナーマッスルを鍛える

加圧トレーニングをする前にターゲットになる筋肉(今回はインナーマッスル)に刺激を与えておくことで、ターゲットになる筋肉に成長ホルモンの効果を優先的に作用させることができます。ですから、インナーマッスルを効果的に鍛えたい場合は、インナーマッスルに刺激を与える与える運動を加圧トレーニングの前に行うことで効果的に鍛えることができます。

効果的な加圧トレーニングの頻度

加圧トレーニングにおいてもトレーニングの頻度を考えることは、トレーニングの効果を最大限に引き出すためにとても重要です。トレーニングの頻度はその目的によって変わってきます。加圧トレーニングの場合筋繊維が大きくダメージを受けることはありませんが、筋肉の肥大を目的とする場合は、やはり刺激を与えた部分に2日の休息させましょう。

効果的な加圧トレーニングの方法

大切なことは3セット目の10回〜12回でオールアウトするようなプログラムを作ることです。
3セット目に10回〜12回でオールアウトするための圧力、負荷、回数は個人差がありますので、3セット目の状態を見ながら1セット目、2セット目を調整していってください。また、加圧しているだけでカロリー消費量が増加します。

加圧トレーニングと通常のトレーニングを組み合わせよう

加圧トレーニング後2~3時間経つと、体では筋肉を作り始めます。(筋肉合成)
筋肉合成は開始後1~2日で完了します。通常の筋力トレーニングを行う前に加圧トレーニングを行い、通常の筋力トレーニングの終了時刻が加圧トレーニングの終了後2〜3時間程度後になるようにすることで、効果的に筋肉合成をすることができます。

加圧トレーニングで疲労回復

加圧トレーニング後は疲労が抜けて体が軽くなります。もちろん、加圧トレーニングのメニューの強度が高ければ疲労は残りますが、手脚の3点セット(手、脚)や軽いワークアウト程度のメニューならトレーニング前より体が軽くなってスッキリします。また、自宅用の加圧ベルト(ウェルエイジングベルト)をお持ちなら、部屋でテレビを見ながら「加圧」と「除圧」を繰り返す(ベルトをつけたり外したり)だけでも疲労回復を促進する効果が期待できます。

加圧トレーニングで有酸素運動の効果を上げる

有酸素運動の前に加圧トレーニングをすることで、有酸素運動時の脂肪燃焼効果を高めることができます。有酸素運動の前に10分程度の加圧トレーニングを行っておくと、成長ホルモンが大量に分泌されるので、成長ホルモンの効果で血中の遊離脂肪酸濃度が増加します。
その状態で有酸素運動をすると運動開始直後から脂肪燃焼が始まるので、効果的に脂肪を燃焼させることができるのです。

加圧トレーニング後のストレッチ

加圧トレーニング後のクールダウンの方法は2種類あります。1.再度加圧ベルトをして加圧しながら行うストレッチ
2.加圧ベルト外して行うストレッチ
1と2はそれぞれメリットがありますので、前半は1を使ってターゲットにした筋肉周辺のストレッチを行った後、後半は2を使って可動域を大きくしたい関節や普段硬いと感じている箇所のストレッチを入念に行うと良いでしょう。

加圧トレーニングの圧力設定について

無理して圧力を上げると、血流状態が悪くなりすぎて十分な回数や時間のトレーニングができなくなったり、力が出なくなって十分なトレーニングができなくなってしまいます。痛みによって可動域が小さくなって返ってトレーニング効果が落ちてしまいます。加圧とレーングは効果が高く効率の良いトレーニング方法ではありますが、体が変わっていくためには時間が必要です。
インストラクターと適性圧を見極めながら加圧トレーニングを行うようにしてください。

加圧トレーニングと乳酸

強度の高い運動をすると筋肉内に乳酸が増加します。乳酸には筋肉内にある成長ホルモンを分泌させるスイッチを押して脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促進する作用があるので乳酸が増加すると成長ホルモンの分泌が盛んになります。
加圧トレーニングは血流制限を行ったままトレーニングを行うことで乳酸を効率的に筋肉内に溜めることができるので、効率良く成長ホルモンの分泌を促進することができます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告