もっと詳しく加圧トレーニング一覧

加圧トレーニングと糖尿病

加圧トレーニングと糖尿病の予防/症状の改善・・加圧トレーニングはダイエットやシェイプアップ、アンチエイジングを効果的に行うことができるだけではありません。 加圧トレーニングを行うことで、糖尿病を始めとする生活習慣病の予防、症状の改善に役立ちます。

加圧トレーニングと心臓/血管/筋力の関係

加圧トレーニングとアンチエイジング・・・足のつけ根を加圧しながらトレーニングをすることで、低強度のトレーニングでも心臓や血管の機能を効率よく高めるためのトレーニングができるので、血管や心臓を若く保つことに繋がり、血流によって体中に運ばれる栄養や酸素の量が増加させるため、美肌やアンチエイジングにも高い効果があると考えられています。

加圧トレーニングが選ばれる理由

加圧トレーニングが選ばれる理由・・加圧トレーニングは、「短時間:腕5分、足15分もあれば十分」、「低強度:圧力をかけている間は辛さを感じますが、実際のウェイトなどを使わなくてもトレーニングできます」、「低頻度:週1~2回」で結果が伴うトレーニングを行えます。

加圧トレーニング=ダメージレストレーニング

加圧トレーニング≒ダメージレストレーニング 加圧トレーニングをダメージレス(ダメージのない)トレーニングと言うのは言い過ぎかもしれませんが、加圧トレーニングは通常よりかなり小さな負荷で効率よくトレーニングができるため、トレーニング後のダメージが残りにくいことが特徴です。

加圧トレーニングが効果的な理由

加圧トレーニングと血流・・加圧トレーニングでは適切に血流を制限して(加圧)トレーニングを行い、トレーニング後はベルトを外して一気に血流を流します(除圧)。 血流制限すると、丁度ホースの出口を指で塞いだ時のように血管が広がるので除圧すると血液が流れやすくなります。 また、加圧して血流が減少することで、脳が心臓に血流を増やすように指示するため血流量も増加します。

インナーマッスルトレーニング・・フォームの重要性

トレーニングフォームの重要性について・・アウターマッスルのトレーニングと比べてインナーマッスルは繊細です。 インナーマッスルのトレーニングは姿勢やフォームによって、効果に大きな差が生まれるというデリケートな面を持っているのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告