特徴一覧

進化版加圧サイクルについて

これまで「KAATSU NANO」を使って行える加圧サイクルは20秒加圧して、5秒除圧するという一つのパターンしかありませんでしたが、加圧サイクルに特化したバージョンでは加圧サイクルのパターンが3パターンに増加しました。これにより、安全で効果的な楽しく加圧トレーニングプログラムに参加していただけるようになりました。

加圧トレーニングと通常の筋力トレーニングの違い1

加圧トレーニングは低負荷、短時間、短期間で効果が表れる加圧トレーニングです。極めて低負荷(最大筋力の20%~30%)でトレーニングしても、高負荷(最大筋力の80%)と同等もしくはそれ以上の効果を得られます。1回の加圧トレーニングは腕15分、脚20分以内で終わるの基本で、ほとんどの場合腕10分、脚15分、準備運動5分の30分以内で全身を鍛えられます。

加圧トレーニングの効果を上げる食生活

栄養とトレーニングはセットで考えましょう!!筋肉をつけたい方
・・・トレーニング後30分以内(できれば直後)にロイシン(必須アミノ酸)とグルタミン(非必須アミノ酸)を含む食事やサプリメントをと李ましょう。
トレーニング後1時間くらいから筋肉の合成が始まりますので、その時に必要な材料を取っておくことでトレーニング効果を効率良く体に反映することができます。

加圧トレーニングの効果を高めるために

加圧トレーニングは筋肉量を増加させ、基礎代謝を向上させるとても効果的な方法です。
基礎代謝が向上することで脂肪を溜め込みにくい体、いわゆる痩せ体質になっていきます。しかし、加圧トレーニングだけではなかなか効果を実感しにくいものです。
特に初期の筋肉量が少ない状態では脂肪燃焼までなかなか結びついてくれません。

加圧トレーニングで基礎代謝を高めよう

ダイエットをするときは適度な運動を行いながら筋肉量を増やすことが必要です。筋肉量を増やす時、加圧トレーニングを導入することで効果的に筋肉量を増やせるばかりか、血流の改善、成長ホルモンの増加によって脂肪が燃焼されやすくなるため、基礎代謝を効率良く高めることができるので、食べても太りにくく無理な食事制限をすることなく効率よく体重をへらすことができるのです。しかも、冷えや肩こりなどの解消も期待できるので、健康増進を図りながらダイエットできるのです。

加圧トレーニングの効果的な頻度

ダイエットが目的の場合、体の脂肪燃焼が目的になりますからウェルエイジングベルトなどをお持ちで、自宅で加圧トレーニングを行える方は有酸素運動とストレッチを毎日やることをお勧めします。また、加圧トレーニングのスタジオで週1、2回のトレーニングを行なっている場合は、トレーニング終了後(できれば2時間後)に、加圧せずにストレッチ+有酸素運動を行うようにしてください。トレーニング後は脂肪燃焼の効率が高まっていますので、ぜひこの時間帯を有効に使うようにしてください。

加圧トレーニングで細くしなやかな筋肉をつける

バレリーナのように細くひきしまった筋肉になりたいのであれば、遅筋を中心にトレーニングしましょう。
遅筋に重点を置いてトレーニングすることで筋肥大ではなく、持久力が向上します。遅筋繊維はほとんど肥大しないので、遅筋のトレーニングは遅筋の中に毛細血管を増やし、発達させ、血流状態を向上させることが目的になります。十分な酸素が細胞へいきわたることで筋収縮を円滑にして乳酸が蓄積されにくき筋肉になっていくのです。

加圧トレーニングで効果的に心肺機能を高めよう

加圧トレーニングに慣れていない場合は、加圧トレーニングを行った後に有酸素運動を行ってください。
ポイントは筋力トレーニング(無酸素運動)をする時に筋肉にたまる「乳酸」です。筋力トレーニングによって筋肉に乳酸がたまるので、その後に有酸素運動をすることで体は乳酸を分解してエネルギーに変えるため、疲れにくくなり、有酸素運動を長く続けることができるからです。

加圧トレーニングで効果的にインナーマッスルを鍛える

加圧トレーニングをする前にターゲットになる筋肉(今回はインナーマッスル)に刺激を与えておくことで、ターゲットになる筋肉に成長ホルモンの効果を優先的に作用させることができます。ですから、インナーマッスルを効果的に鍛えたい場合は、インナーマッスルに刺激を与える与える運動を加圧トレーニングの前に行うことで効果的に鍛えることができます。

効果的な加圧トレーニングの頻度

加圧トレーニングにおいてもトレーニングの頻度を考えることは、トレーニングの効果を最大限に引き出すためにとても重要です。トレーニングの頻度はその目的によって変わってきます。加圧トレーニングの場合筋繊維が大きくダメージを受けることはありませんが、筋肉の肥大を目的とする場合は、やはり刺激を与えた部分に2日の休息させましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告