注意点一覧

トレーニングを行う上での注意点です。

加圧トレーニングの注意点

加圧することにより生じる生理的な変化は、除圧をすると消失し、加圧する以前のレベルに回復します。ただし、加圧・除圧の変化によって、不快感・徐脈・血圧低下などがおいて、ひどい場合には失神を起こす人もいます。加圧トレーニングは適切な管理下で行われないと危険を伴うこともあるトレーニングなのです。しかし、正しい知識を持ち、適切な管理の中で行われさえすれば、医療機関や最先端の科学実験分野でも無限の可能性を秘めているトレーニング方法だと言われ、取り入れられはじめています。

加圧トレーニングと体位の関係(循環系の変化から)

体位が変わると循環系も大きく影響を受けます。 寝ている状態から立ち上がると、成人では下半身の静脈圧が約90mmHgも上昇すると言われています。血流を制限して行う加圧トレーニングでは、血圧の影響を受けやすいので、寝た状態で行うトレーニング種目を取り入れる場合、「☆加圧トレーニングと区別して加圧トレーニングの前後に取り入れる」「立位で行うトレーニングと寝た状態で行うトレーニングをグループ分けして、立位、寝た状態で圧の調整を行う」といった工夫が必要でしょう。

加圧トレーニングの注意点

短期間で様々な効果を期待できる加圧トレーニングですが、加圧ベルトで血流を制限しながら行っていますので、深い知識を持たず、勝手な判断で間違った使い方をしてしまうと危険です。以下に示すような点に注意しながら、正しく効率的にトレーニングを行って下さい。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告