健康管理一覧

健康管理の役立つ情報をお伝えします。

障害のリスクを軽減するトレーニング

スロートレーニングはゆっくりとした動きで行う筋力トレーニングです。
実際に使用した負荷より高い負荷で行なった時のような効果が得られます。
軽い負荷で高い効果を得られるため、腱や靭帯を痛めにくいトレーニングです。スロートレーニングは軽い負荷で効果を出すことができるので、器具を使わなくても良い種目も多く、器具を使いにくい腕立て伏せや腹筋などにも応用できます。

認知行動療法によるダイエット5-15

極端にカロリー制限を行ったり、口にする食品に偏りがあると、栄養バランスが崩れたり、いくていくために必要な栄養素が不足してしまいます。「冷え」「むくみ」「貧血」「肌荒れ、抜け毛」「骨粗鬆症」などの原因に
なってしまいます。下剤常用、乱用
下剤を使って食べたものを早く排泄して栄養の吸収を少なくしてしまおうとする人がいます。これを続けると腸に耐性ができて、次第に下剤の効きが悪くなるので下剤の使用量ドンドン増えてしまいます。

スポーツ中の体温調節1

熱産生について理解する最大の目的は、体温調節の知識を持つことで、熱中症などを防ぎ体を守ることです。ですから、体温が上昇する環境にいる人、スポーツをする人は、自分の発汗量を定期的に把握するようにしてください。スポーツ前後の体重を測定し、その差を計測することである程度把握することができます。夏場にトレーニングを行うスポーツ選手は必ず計測して自分の発汗量を把握しておきましょう。

循環系の調節システムと加圧トレーニング

循環器系のトレーニングは心肺機能を高め運動能力や持久力をあげるというだけではなく、心の安定、血管の若々しさを保つ、ホルモンバランスを調えるといった、健康増進やアンチエイジングにも大きく関係しているのです。 循環器系のトレーニングを行う場合は、ある程度の時間をかけて心拍数の上昇と血圧の上昇を起こさなければなりませんが、加圧トレーニングでは、圧をかけることで血圧が上昇し、心拍数も上昇しやすくなりますので、短時間で循環器系の調整を行うホルモンの分泌量も影響を受けると考えられます。

肩こりとインナーマッスルの関係

肩こりとインナーマッスル間に深い関係があることを知っていますか?人間が動くために使う筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルが存在し、両者はお互いに協力し合って体を動かしています。つまり、アウターマッスルとインナーマッスルのバランスがとれていないと、体を鍛えていても体調不良やケガ、故障が発生する確率が高くなってしまいます。そして、肩こりという症状を引き起こす原因の1つが「インナーマッスルの疲弊」だと言われています。

加圧トレーニングとリハビリ

加圧トレーニングとリハビリ・・加圧トレーニングでは「短時間のトレーニングで効果が発揮できる」「トレーニングを低負荷で行うことができる」「寝たまま行うことが可能なので、可能な部分からトレーニングを行うことができる」「成長ホルモンが多量に分泌されるので回復力が向上する」「血管の収縮を促進し、血流が向上するため回復力が向上する」など理由で、リハビリトレーニングに加圧トレーニングをもちることで運動機能を回復したと言う報告が増えてきています。

加圧トレーニングと寝たきり状態

加圧トレーニングには、「寝たままでも行えること」「成長ホルモンが大量に分泌され、筋肥大と筋力増強の効果が得られること」「低強度のエクササイズで効果が得られること」などから、加圧トレーニングをリハビリに取り入れることで寝たきりから回復するのに役立ったという報告が沢山あるのです

NO IMAGE

加圧トレーニングと心の症状

加圧トレーニングと心の症状・・加圧トレーニングで大量に分泌される成長ホルモンにより、うつ病や認知症の改善が期待できます!! 加圧トレーニングで大量に分泌される成長ホルモンには「活力の増強」「情緒の安定」と言った精神的な作用があるからです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告