リハビリトレーニング

加圧トレーニングとリハビリ

リハビリに効果を発揮

脳梗塞、脳出血などの脳血管障害による運動障害の後遺症のリハビリに、加圧トレーニングが効果的です

脳梗塞や脳出血などを起こすと麻痺やしびれなどの重い後遺症が残ることも多くあります。

通常のリハビリトレーニング
  • トレーニング時間が長く取り組む気力が継続しない
  • トレーニングに高い負荷が必要で取り組みにくい
  • 起き上がってのトレーニングが多く姿勢を維持することが難しい

など様々な理由で効果が出にくく、運動機能の低下を防ぎ現状維持することしかできないようなケースも少なくありません。

加圧トレーニングと脳血管障害のリハビリ

加圧トレーニング
  • 短時間のトレーニングで効果が発揮できる
  • トレーニングを低負荷で行うことができる
  • 寝たまま行うことが可能なので、可能な部分からトレーニングを行うことができる
  • 成長ホルモンが多量に分泌されるので回復力が向上する
  • 血管の収縮を促進し、血流が向上するため回復力が向上する

などの理由からリハビリトレーニングに加圧トレーニングを用いることが増えてきています。著しい運動機能の回復がみられたという報告が増えてきています。まだ明確な科学的な証明はされていませんが、加圧トレーニングにりリハビリの効果が向上した症例が数多く見られることは事実のようです。

関連記事

  1. 腰回りストレッチ
  2. 加圧ウェルエイジングベルト
  3. 血液検査
  4. 介護用ベッド
  5. 脳と筋肉と神経を騙す
  6. セルフマッサージする女性

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP