加圧トレーニングと心の症状

心の症状に加圧トレーニングが良い?

加圧トレーニングで大量に分泌される成長ホルモンは、うつ病や認知症への改善効果を期待できます。

成長ホルモンの精神的な作用
  • 活力の増強
  • 情緒の安定

加圧トレーニングによる運動不足の解消と、大量の成長ホルモンの分泌が心の症状の改善につながります。

加圧トレーニングによって大量に分泌される成長ホルモンが活力を増強し情緒を安定させるため、うつ病や認知症の症状である無気力やひきこもりなどの改善効果が期待できるのです。また肥満とうつ病は相関関係があるという説もあるので、活動性の低下から肥満を招くことがうつ症状を悪化させる原因になるという見方もあります。
加圧トレーニングと心の病気うつ病と認知症の人はリラックスした時に現れる脳波(α波)が少なく、睡眠障害から昼夜逆転の生活になってしまう点も共通しています。加圧トレーニングはうつ病、認知症、その他の心の症状で苦しんでいる人にも取り組んでほしいトレーニングです。

関連記事

  1. ウェルエイジングベルトのパーツ説明
  2. 腕周りストレッチ立位1
  3. 介護用ベッド
  4. OKサインの女性
  5. コラーゲンサプリ
  6. 加圧トレーニング腹筋(下腹部)

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP