トレーニング-ウォームアップ

インナーマッスルトレーニング・・ウォームアップ

ウォームアップについて

ウォームアップとは本格的な運動を行う前に体を温めておくことです。
なぜなら少し汗ばむくらいに体温が高くなっているほうが、人間の筋肉や関節は柔らかくなって怪我をしにくくなるからです。

トレーニング-ウォームアップ
「これからトレーニングしますよ」ということを体に知らせるためにも、体に負担のかかりにくい軽い運動で体を温めましょう

ウォームアップのための運動は、「歩く」「軽く走る」「腿上げ」「ストレッチ」などでも何でも構いません。
ただし急に激しい運動や変化の伴う運動(ダンスなど)は準備運動にはなりませんので気をつけましょう。

加圧トレーニングを行う場合は心拍数を上げるようなウォームアップより、ストレッチや軽めの筋トレなどが良いでしょう。
加圧前に心拍数を上げると手足に血液が溜まりにくくなり、効果が減少しがちです。

  1. 脳と筋肉と神経を騙す
  2. 背中体幹
  3. ハンマーカール2
  4. アスリートの腹筋
  5. トレーニングとケガの治療
PAGE TOP