加圧トレーニングと血栓

加圧トレーニングと血栓予防

狭い場所で長時間座っていると血行が悪くなり血液の粘度が高くなって、血栓(血の塊)ができやすくなります。この血栓が血流にのって肺動脈まで達するとエコノミークラス症候群を引き起こします。

また、血中の酸素濃度が低下しても血栓ができやすくなることも最近の研究でわかってきました。
(緊張して息が浅くなる、高地へ行く、飛行機に乗るなど)
加圧トレーニングと血栓

加圧トレーニングを普段からしていると・・・

  • 血管の弾力性が増すこと
  • 第2の心臓ふくらはぎの筋力が増すこと
  • 筋肉全体の柔軟性が増すこと
  • 血中の酸素濃度が高くなること
  • 血栓を溶かす因子(t-PA)が増加すること

などから、血栓ができることで起きる病気(エコノミークラス症候群、脳血栓など)を予防することができると考えられています。
加圧トレーニングで健康維持

加圧トレーニングを上手に利用して、血栓やその他の病気を予防して毎日を元気に楽しく過ごしてください。


  1. 加圧トレーニングで元気
  2. 体感実験3
  3. 褐色脂肪細胞
  4. 前後開脚ストレッチ4
  5. 血流
  6. 体幹トレーニグをする男性
PAGE TOP