血のイメージ

加圧トレーニングと血栓予防

血栓予防の予防に

加圧トレーニングは血栓の予防に役立ちます。

狭い場所で長時間座っていると血行が悪くなるので血液の粘度が高くなって血栓(血の塊)ができやすくなります。この血栓が血液よって運ばれ肺動脈まで達するとエコノミークラス症候群を引き起こします。また血中の酸素濃度が低下しても血栓ができやすくなることも最近の研究でわかってきました。(緊張して息が浅くなる、高地へ行く、飛行機に乗るなど)
痛み

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングしていると
  • 血管の弾力性が増す
  • 第2の心臓ふくらはぎの筋力が増す
  • 筋肉全体の柔軟性が増す
  • 血中の酸素濃度が高くなる
  • 血栓を溶かす因子(t-PA)が増加する

血栓によって起こる病気(エコノミークラス症候群、脳血栓など)を予防につながります。

関連記事

  1. 応援
  2. 大家族
  3. 加圧バストアップ大胸筋上部
  4. 血液検査
  5. 筋肉を減らさない
  6. 股関節/体幹:立ち姿勢ストレッチ1

最近の記事

  1. 笑顔の女の子
  2. 丘・公園
  3. 全力

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP