シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

ダイエットや体づくりに食事はそんなに重要ですか?

シェアする


トレーニングクエスチョンダイエットや体づくりに食事はそんなに重要ですか?

トレーニングアンサー

A PART4-2

トレーニング中の食事はバランスや栄養素ごとの量を考えて食べることがとても大切です。
いくつかの項目に分けて栄養の取り方について考えてみましょう。
今回は炭水化物について考えてみます。

筋トレの効果たかめるために実は炭水化物(糖質)の摂取は重要です。
タイミング考えて適切な量を摂取することが大切です。
トレーニングでエネルギーとして使われているのが糖質です。
運動強度が高くなればなるほど、体内で使われる糖質の比率は上がります。

またトレーニングに糖質を摂取することで、体内のタンパク質の分解抑制できます。
糖質が不足してた状態でトレーニングしてしまうと、体内のタンパク質を分解してエネルギーが作り出されて筋肉が合成されにくくなってしまいます。

炭水化物

さらにトレーニングに必要なパワーを発揮するためには十分なエネルギー源が必要です。
糖質は筋肉や肝臓でグリコーゲンになってエネルギー源として貯蔵されて必要に応じて消費されます。
また脳・神経系にとっては糖質が唯一のエネルギー源なので、十分に摂取しておくことで、集中力を保って高強度のトレーニングをおこなうことができます。

トレーニングの約3時間前に糖質を含んだ十分な食事をすることで、必要なエネルギー源となる筋グリコーゲンの量を高めておくことができます。
スタミナを持続しやすいので高強度のトレーニングをしやすくなります。
食事が取れない場合ではドリンクやゼリー飲料などを活用して、糖質を摂りましょう。

トレーニング後は筋肉中のエネルギー源が枯渇します。回復はトレーニング後1時間ぐらいがピークなので、筋肉を作るためのタンパク質と合わせて、糖質を合わせて摂りましょう。
トレーニングの終了後できるだけ速く(最低でも30分以内)糖質を摂取することで筋グリコーゲンの回復を促し筋タンパク質の分解を抑制します。

トレーニング後すぐに食事がとれないときは、補食としておにぎりやバナナなどを摂取することでタンパク質がエネルギーに変わることを防いで、2時間以内にしっかりとした食事を摂ることを心がけましょう。

糖質を摂取することで分泌されるインスリンは筋肉のタンパク質合成を起こし筋肉の分解を抑えたり、筋肉細胞に適切な量のアミノ酸を運んでくれます。

パーソナルトレーナー奥村英樹