体を蝕むダメージ

多量の成長ホルモンを分泌させることで体に悪影響はありませんか?

トレーニングクエスチョン加圧トレーニングで多量の成長ホルモンを分泌させることで体に悪影響はありませんか?
トレーニングアンサー外部から成長ホルモンを注入する場合は、やりすぎると発疹、関節や骨の痛み、頭痛・吐き気などの悪影響が出る場合があることが報告されています。

しかし、加圧トレーニングでは自分自身の体から成長がホルモンを分泌されます。
加圧トレーニングによって分泌される成長ホルモンの量は一般的なトレーニングよりも多いですが、人間の体には抑制機能があるので、自分自身の体から悪影響が出るほどの成長ホルモンが分泌されそうな時には分泌が抑制されます。

ですから加圧トレーニングによりよって分泌された成長ホルモンが心身に悪影響を及ぼすことはありません。パーソナルトレーナー奥村英樹

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. コンビニの弁当売り場
  2. 膝のケガ
  3. トレーニングする女性
  4. 巻き方腕
  5. お腹の肉をつまむ女性
  6. アメフト

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP