手のひら

筋膜ストレッチの基本ルール

筋膜ストレッチの基本ルール

筋膜について解説する女性

筋膜ストレッチでは痛みやコリのある部分自体を伸ばすのではなく、筋肉の連鎖でつながっている筋肉間の優位レベルを調整することが目的となります。
筋肉のバランスを調えることで痛みやコリなどぼ不調を和らげ、健康レベルを向上していきましょう。

  1. 筋膜を面でとらえること
    手を使って筋膜を調整するときは、指の腹や手のひらで筋肉を優しく押し伸ばしましょう。
    筋膜ストレッチを行うときは、筋膜を優しく押し伸ばすだけで十分な効果が得られます。強く刺激しすぎるとかえって筋膜が硬くなってしまいます。
    人差し指、中指、薬指、小指を揃えて指の面を使って筋膜を伸ばしていきましょう。
    手のひら
  2. 硬く感じることを探すこと
    筋膜を伸ばすときは硬く感じるところを見つけて、1箇所につき10秒程度キープしましょう。
    筋膜の固さや、ある方向への動かしにくさがつよければ、さらに10秒伸ばして緊張を取りましょう。
  3. 横隔膜を動かすこと
    筋膜を伸ばしているときは呼吸を続けましょう。
    呼吸によって横隔膜が動くことで筋膜の調整がしやすくなります。
    しっかりと横隔膜を動かしながら大きな呼吸をしてください。
  4. 気持ちよく伸ばすこと
    体を曲げたりひねったりする時は気持ち良い(痛いかな?気持ち良いかな?のボーダーライン)ところでとめて10秒はキープしましょう。
    ゆっくり時間をかけた方が筋肉も筋膜も伸びやすくなります。
    反動をつけたりすると刺激が強すぎてかえって硬くなってしまうので気をつけてください。

関連記事

  1. 前後開脚ストレッチ4
  2. Vシットアップ
  3. プッシュ(プレス&)トランクカール2
  4. トレーニングコーチ
  5. チェック
  6. パワーハウス

最近の記事

  1. 鏡を見てお腹を測る女性
  2. 筋肉質な男性
  3. 腕立て伏せをする男性
  4. ウェルエイジングベルト
  5. 毛細血管

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP