インナーマッスル

インナーマッスルトレーニング

トレーニングフォームの重要性について

アウターマッスルのトレーニングと比べてインナーマッスルは繊細です。

アウターマッスルのトレーニングなら多少フォームが崩れていても、ある程度負荷があれば筋力がついていきます。
(ただし、無理をすると障害を引き起こす危険性があるので決して無理はしないでください)

しかし、インナーマッスルのトレーニングは姿勢やフォームによって、効果に大きな差が生まれるというデリケートな面を持っているのです。
ですから、インナーマッスルトレーニングで効果をあげるためには「正しいフォームで行う事」がとても大切なのです。
ダンベルトレーニング

インナーマッスルのトレーニングの動きは、「肩だけを前方に移動させる」とか「前腕だけを回転させる」など、アウターマッスルトレーニングと比べると、とても地味な動きのトレーニングがほとんどです。

ですから姿勢やフォームが崩れてしまうと、トレーニング効果が全く出なかったり、逆に関節生涯を引き起こす可能性も大きくなってしまうのです。
インナーマッスルトレーニングを行う際は、フォームについて正しく理解し、その動きがどの筋肉に働いているのかをシッカリ意識できるようにしてから行うようにしましょう。

また、軽くとはいえウェイトを使ってトレーニングを行うと、ウェイトを支えることに意識が向きがちになってしまい、目的の筋肉へと意識が向かない場合も多いですから、加圧トレーニングのようにウェイトを使わずにトレーニングできる方法がおすすめです。

関連記事

  1. ハンマーカール2
  2. ダンベルの特性
  3. 股関節/体幹:立ち姿勢ストレッチ1
  4. 背中の筋肉
  5. 円回内筋

最近の記事

  1. 寝ながら・美容
  2. ふくらはぎに手を当てる
  3. 丘の上を走るランナー
  4. 白衣
  5. 体幹トレーニング

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP