チェック・解説する女性2

スピード・トレー二ング

プレーにつながる速さをつくる

トレーニングコーチ競技によって要求される「スピード」が異なりますが、多くの競技で素早い移動スピードが要求されますが、ほとんどの競技では全速力で移動移動するのは10M以内が大半です。

また同じ競技でもポジションや種目によって、要求されるスピード能力(動作開始、加速、最高速、減速、停止などの要素)が異なります。

期別のスピード・トレーニング

スピード・トレーニングで気をつけなければならないのは、オフ期ではダッシュなどの基本的なスピードトレーニングを中心に行い、試合期にはポジションや種目に応じて要求されるスピード・トレーニングを中心に行うことです。

ただし子供はオフ期も試合期も基本的なスピードトレーニングを重視した方が良いでしょう。

必要な3つの力

プレーにつながる速さを作る3つの力

一部の競技(短距離走や長距離走など)を除いて、動作開始、加速、最高速、減速、停止などの要素から、「プレーにつながる速さ」を作れるようになることが重要です。

筋力トレーニングも競技や種目に必要とするスピードとの関係性を考えて行う必要があります。

「プレーにつながる速さ」を作るために必要な3つの力は「加速力」「方向転換力」「減速力」になります。

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. バランスボールパスクランチ2
  2. 手のひら
  3. 中心軸と動的体幹トレーニング
  4. バランスボールをする女性
  5. 加圧バストアップ大胸筋中部
  6. バックエクステンション2

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP