カレンダー3

健康的な食事の仕方3

ステージ5:健康的な食事の仕方

栄養士

ダイエットを行う上で最も大切といって良いことが健康な食事についての知識を持ち、それを実践できることです。
高脂肪食、高カロリー食を好む人には特に重要なポイントとなります。

ダイエットを開始してから、できるだけ早い時期に健康的な食事について学び、実践のためのチャレンジを開始しましょう。

ダイエット開始後、あるいは体重維持期に守るべき食事のポイントは次の項でご紹介します。注意しなければならないことは体重を落とすことに成功すると、多くの人がダイエット開始以前の食事パーターンに戻ってしまうということです。

ですから体重維持のステージが始まるまで、あるいは始まってからも健康的な食事の仕方の知識を学び、それを実践し続けることがいかに素晴らしいことであるかについて、より深い知識を得て、それを実践し続ける決心をすることが大切なのです。

健康的な食事を続けることが、体重維持だけでなく、健康、若さ、美しさ、快適な生活を継続するため重要なポイントであることを受け入れられるようになるまで、繰り返し学びと実践を続けてください。

計画的に食べよう

計画的に

  1. 今の食べ方を食事を評価する
    食事日記の最近3日間について、サポーター一緒に詳しく評価してみましょう。
    厳密な脂肪の摂取量や食品の数量(個数やグラム数)を計算なくても大丈夫です。
    その代わり脂肪の多い食品を食べる頻度や量のを、一般的な見地から見直しすれば良いのです。
    パン、シリアル、米飯、パスタ類や果物と野菜も大きな単位の量(お茶碗半分、取り皿何回分)で検討しましょう。
    あまり正確な分量を計測すると、重荷になってしまうので、食事のコントロールをすることが嫌になってしまう可能性が高まるからです。
  2. 今の食べ方の修正ポイントを明確にする
    食べ方のどこを修正する必要があるのか?それに加えて、それを実行し継続することを継続できそうかどうか?について、よく検討しましょう。
    修正ポイントは現実的で達成・継続が可能である必要があるため、自分の好みにある程度沿っていて、調理者(母親、自分など)の調理能力や家族の好き嫌い、予算などを慎重に考慮しましょう。
  3. 修正ポイントと実行計画を書面にする
    具体的で実行可能な修正ポイントを明確にしたら、書面に書き出して日付と名前を記入し、ハンコ(ボイン)を押しましょう。(アファメーション=自分への宣言)
    そして、目標を達成するためのプラン問題解決法などを使って作成しましょう。
  4. 成果を記録して問題・困難に対処し続ける
    成果を記録して継続的に見直しましょう。
    問題が発生したり、困難を感じた場合には、できるだけ早く問題解決法を用いて対処しましょう。
  5. 健康的な食事摂取を長期的に守る事
    長期的
    健康的な食事の原則を守るために、繰り返し確認して思い出しましょう。

関連記事

  1. プレッシャーをはねのけてダイエット
  2. トレーニングコーチ
  3. 加圧トレーニング腹筋全体
  4. ノート
  5. ショルダープレス・ステップ2
  6. お腹の肉をつまむ女性

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP