ノート3

身体活動を増強する4

パーソナルトレーニングバナー

ステップ3:身体活動レベルのモニタリング開始

食事指導する女性

身体活動レベルを高めるために、自分の身体活動についてモニタリングを始めましょう。
モニタリングは3つの状態に分類して行います。

モニタリングの方法について

下記のフォーマットを使ってモニタリングします。
モニタリングは3つの状態に分類して行います。

身体活動レベルのモニタリング

  1. 「身体活動がない状態」
    一日の終わりに座っていたり、横になっていたりした時間を記録しましょう。
    これには座って仕事をしていたことも含まれます。
  2. 「生活習慣としての身体活動」
    毎日の生活の中で起こる身体活動を記録します。
    歩く事や立ち上がること、階段を上る事、家事、軽い庭仕事、普段の自転車使用などの日常的な身体活動を記録します。活動量計などを使うと良いでしょう。
    活動量計の活動量の変化を見ながら行うと何をしていたか思い出しやすいはずです。
  3. 「運動」
    ここでいう運動はジムでのワークアウトやジョギングなど、意識的に行った運動のことです。
    運動を行った時間数や運動の種類を記録しましょう。
    運動として分類する運動は心拍数や呼吸数を増加する程度の強度があるものです。

日付

2017年1月13日

身体活動なし(時間数)

8時間ベッドで横になる、3時間座る

生活習慣としての身体活動

2860歩

自転車30分、掃除30分、料理3時間、買い物で徒歩40分

運動(分、種類)

90分 ボクササイズ

備考

身体活動レベルを上げるために少し早足で歩くことを心がけてみた

これらの3つの状態を分類して記録することで、現在の自分の1日の身体活動レベルの把握がしやすくなります。

続けるための工夫

最初は面倒に感じるかもしれませんが、記録のタイミングや方法をサポーターと話し合って、実行しやすいものへと改善していきましょう。

「記録すること」はダイエットに予想以上の恩恵をもたらしてくれます。
楽しく記録を続けるための工夫をしてください。

[cft format=2] [cft format=3]

関連記事

  1. ケトジェニックダイエットの安全点検
  2. トレーニングコーチ
  3. 認知療法ダイエット
  4. バス
  5. 間食への対処
  6. ジョギング・マラソンする男女

最近の記事

  1. 喜ぶ・楽しむ女性
  2. 筋肉質な腕
  3. 上半身の筋肉
  4. 背中の筋肉
  5. 笑顔の女の子

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP