シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

ダイエットの障害を解消しよう9

シェアする


加圧トレーニング詳しく

食事のし方

食事指導する女性食事をし方について、よく検討しましょう。
前もって食事プランを立てて、食事は決まった場所で食べることを心がけましょう。
また、ゆっくりと味わって食べることも大切です。

  1. スピード
    急いで食べると脳が「食べた」と自覚しにくので、食事による十分な満足感を得られません。ゆっくりと食べることを心がけましょう。
    一口食べるたびに箸をおくことで、ゆっくりと食べやすくなります。
    一口20回から30回程度噛むことを心がけましょう。
    また、食材を大きめに切る、食材の繊維方向を考えて繊維が長くなるきり方をする、噛みごたえのある食材を選ぶなど、たくさん噛めるように工夫しましょう。
  2. 食事に集中する
    食事中にテレビを見る、スマフォをいじりながら食事をするなど食事以外のことをしながら食べることをやめましょう。
    食事に満足感を得られにくくなって、食べすぎてしまいます。
    それによってストレスもたまりやすくなります。
    ダイエットのための食べ方
    食べる事に集中し、楽しみましょう。
  3. 食べる場所
    決まった場所に座って落ち着いて食事を食べましょう。
    落ち着いて集中して食べることは、食事を上手にコントロールするための大切なポイントです。
  4. 食事プラン立てる
    余分な間食をしないようにするためには、きちんと食事プランを立ててから食べる事が大切です。
    朝や前の日の晩などに、1日の食事プランを記入しましょう。
    パーティーで普段より食べなければならないようなことが起こるかもしれない時など、必要な時は数日間のプランを立てましょう。
  5. 食べる分量を自覚する
    買ってきた器やつつみから直接たべることは、食べすぎを促進させます。
    食べる予定の分を、器に移して食べる分量を確認してから食べましょう。
    また、それを食べる前に、残りは片付けてしまいましょう。
  6. 満足感を増やす
    食事前にガムを噛むなど沢山噛んでから食事をすることで、少量の食べ物でも十分満足できるので、食べる量が2~3割減少します。

    [cft format=2]
    [cft format=3]