OKサインをする女性

太いの血管を押して血流アップ

血流量と回復力の関係

疲労から素早く回復する大きなポイントは血流量のアップです。血流量が増えることで栄養素が運ばれ部位の修復がスムーズに進行するとともに、疲労ヵ所に溜まった疲労物質を血液が効率よく運びだし排泄できるようになるだけでなく体に良いことが沢山起こります。血流量を改善して素早い疲労回復を目指しましょう。
太い血管

膝窩(しっか)動脈について

ひざ裏には膝窩動脈という太い血管があり、これを押すことで血管の流れが改善できます。血液の流れを改善するとコリや冷え性・便秘などの効果が期待できる上、代謝がアップするので痩せやすい体質になっていきます。さらに血行が良くなって体温が上がると副交感神経が活性化されて自律神経の働きのバランスが調っていきます。それによって食欲中枢が正常に働き始めて満腹感を感じやすくなるので、食べ過ぎを防ぐことにも繋がります。
ひざ裏は重い体重を支えるため、緊張しやすくコリやすい場所です。ひざ裏の血流を改善できると、ひざ裏から腿の裏側を通っている大きな筋肉(大腿二頭筋など)が柔らかさを取り戻して伸びます。この筋肉は骨盤にくっついているので、骨盤が正しい位置に戻って背骨も真っすぐになっていきます。姿勢が良くなることで、さらに血流が向上して体温がアップして代謝が上がるので、自律神経が調って体調が良くなっていきます。その上、血流が良くなることで老廃物が流れやすくなるので、むくみや疲れが残りにくくなります。全身に栄養が行きわたるようになるので、細胞が活性化し美肌やアンチエイジング、思考力のアップに伴う気分の改善も期待できます。

膝裏の血管の押し方

膝窩動脈を押す
  1. 両手の親指以外の指先で血管を垂直に五秒間押します。血管を傷つけないように指の腹を使いましょう。強く押しすぎないように気をつけましょう。(ドクドク流れる血管を探しましょう)
  2. ゆっくりと手の力を抜きます。この時血管の中で圧迫されて止まっていた血液が一気に流れ出すイメージをしてみましょう。
  3. ひざ裏を優しく上下に10秒間さすります。
  4. 1~3を10回繰り返しましょう。

鼠蹊部の血管の押し方

大腿動脈を押す
  1. 腰骨より体の中心側にある大腿動脈を探し(ドクドク流れる血管を探しましょう)、親指以外の指で5秒間押します。
  2. ゆっくりと手の力を抜きます。この時、血管の中で圧迫されて止まっていた血液が一気に流れ出すイメージをしてみましょう。
  3. ひざ裏を優しく上下に10秒間さすります。
  4. 1~3を10回繰り返しましょう。
奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. 注目・注意
  2. 高温・燃える・エネルギー
  3. 肩こりの男性

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP