シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

トレー二ングプログラムの作成

シェアする


加圧トレーニング詳しく

大切な種目の順番

加圧トレーニングコーチ

トレーニング種目は、最初に行った種目の効果が最も大きく、後に行った種目ほど効果は小さくなります
ですから、効果が高いトレーニングプログラムを作成するためには、トレーニングする人にとって重要度が高いトレーニング種目から行うことが重要です。(プライオリティの原則)

トレーニング種目の順番を決める時の基本的な考え方は、「大きな筋肉や多数の筋肉を使う種目」を先に行って、「小さな筋肉や使う筋肉が少ない種目」を先に行うというものです。

なぜなら、スクワットで大腿四頭筋(大きな筋肉)を増強したい時に、カーフレイズなど末端の筋肉を鍛える種目を先に行ってしまうと、スクワットを行う時にふくらはぎなどの筋力が低下してしまって、大腿四頭筋に十分な負荷をかけられなくなってしまうからです。

脚の筋肉

ですから、「大きな筋肉や多数の筋肉を使う種目」を先に行って、「小さな筋肉や使う筋肉が少ない種目」を先に行った方が、効率良く目的の筋肉を鍛えることができるのです。
また、同じ理由から、大きな筋肉であれば「より体幹部に近い筋肉」を優先させましょう。

ただし、これは筋力を増加させるという目的の場合で、目的が「ある特定の筋肉を重点的に強化したい場合」や「ケガからのリハビリ」の場合などは、あえてこの原則を破ることもあります。

ダンベル腕どちらにしても、トレーニングの目的をシッカリ持って、トレーニング種目の優先順位を決めることが重要です。「どんな種目を行うか」だけでなく、「どんな順番で行うか」がトレーニングの効果に大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

また、1週間のメニューも総合的に考える必要があります。例えば、技術練習がメインのトレーニングの日と下半身の筋力アップを目的とした下半身の筋力アップの日、上半身の筋力アップを目的とした上半身の筋力アップの日など、その日単独のメニュー作りではなく、1週間を通して目的を達成するためのプログラムを組むようにしてください。

筋力トレーニングの効果を最大限に引き出すためには、トレーニング種目やその順番だけでなく、超回復に必要な時間も考える必要があるからです。


[cft format=2]
[cft format=3]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする