バランスボールトレンクカール2

動的体幹トレーングの種目紹介5

加圧トレーニング詳しく

バランスボール・トランクカール

コーチ

バランスボールを使ってトランクカールを行います。
バランスボールを使う事で腹直筋の可動域が大きくなります。

回数:10〜20回を3セット
呼吸:背中を丸める時に時吐く、開始姿勢に戻る時吸う
   息を吐ききってから曲げると強度が高まります
難易度:☆

Step1

バランスボールトレンクカール

バランスボールに背中を乗せて仰向けになります。
足をしっかり床について体を安定させます。
おへそとみぞおちを遠ざけるようなイメージで腹直筋をストレッチします。

Step2

バランスボールトレンクカール2

バランスボールを背中側へ転がしながら、背中を丸めて上半身を起こして腹直筋を収縮します。

このトランクカールでは不安定な状態で行いますので、バランス力を鍛えながら腹筋を行う事ができます。

またバランスボールを使う事で腹筋の可動域が大きくなり、腹直筋がストレッチされます。


[cft format=2] [cft format=3]

関連記事

  1. 体幹トレーニングとスピード
  2. ○を作る女性
  3. スタンディング・ダンベル・トランクエクステンション1
  4. 腹筋トレー二ングの違い
  5. 股関節/体幹:立ち姿勢ストレッチ1
  6. 初心者の体幹トレーニング

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP