中心軸と動的体幹トレーニング

動的体幹トレーニング2

加圧トレーニング詳しく

動的体幹トレーニングのポイント1

コーチ

動的体幹トレーニングの効果を最大限に引き出すためには、トレーニング中は常に「動きの回転軸」を意識することが大切です。

例えば、トランクカール(前方へ体を曲げていく種目)では、みぞおちとおへそを近づけて体幹を丸めていく時、みぞおちとおへその中間あたりに回転軸(動作の中心点)があるので、そこを意識するのです。

常に回転軸を意識することで「正しいフォーム」でトレーニングを行うことにつながります

中心軸と動的体幹トレーニング

体幹を捻る「回旋動作」では特に回転軸を意識することが大切になってきます。
回転軸を意識することで、回転軸を安定させたまま体を捻ることができるようになります。

回転軸を安定させたまま体を捻ることで、ターゲットの筋肉をしっかりと鍛えられる正しいフォームでの動作ができるのです。

動的体幹トレーニングでは、前方向、後方向、横方向、回旋の全ての動きで回転軸を常に意識することで、正しいフォームを作り、目的の筋肉を効果的に動かすようにしてください。

正しいフォームでトレーニングを行うことで、ターゲットの筋肉も意識しやすくなるのです。


[cft format=2] [cft format=3]

関連記事

  1. 腕周りストレッチ立位1
  2. 股関節・骨盤
  3. スパイン・バックアーチ2
  4. バスケットボールシュート
  5. トレーニングコーチ
  6. 動的体幹トレーニング(伸展)

最近の記事

  1. 寝ながら・美容
  2. ふくらはぎに手を当てる
  3. 丘の上を走るランナー
  4. 白衣
  5. 体幹トレーニング

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP