ダイエットを阻むプレッシャー

認知行動療法によるダイエット6-5

食事調節へのモチベーションを維持するために

食事指導する女性
心理的圧力についての検討しよう

心理的圧力には

  1. 食べることを減らしたり、食べ物を残したりすることに対する罪悪感
    「子供の頃に沢山食べることを褒められた」「子供の頃残さず食べることを褒められた」などからいつの間にか身についてしまった罪悪感
  2. 「社会的な場」や「お祝い事」での無言の圧力
    立場上「食べなくてはいけない」と感じてしまうこと
  3. ストレス解消ができなくなる不安
    これまで「食べること」でストレスを解消してきたため、「食べること」を食べる回数や量を減らすことでストレスがたまってしまうのではないかという「不安」や「心配」を感じること

ダイエットを阻むプレッシャー

などがあります。
こうした心理的圧力は想像以上にダイエットの成功の障害になるものです。

できるだけ早い段階で適正な食についての考え方を見直したり対処の仕方を検討して、心理的圧力の影響を弱めるようにしてください。定期的に「見なおし」の面談を行いましょう。

[cft format=2] [cft format=3]

関連記事

  1. ダイエットに成功した女性
  2. ダイエットの問題をチェック
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. 加圧トレーニング-顎上げ腹筋
  5. 体重が減らない
  6. 凸凹グラフ

最近の記事

  1. 喜ぶ・楽しむ女性
  2. 筋肉質な腕
  3. 上半身の筋肉
  4. 背中の筋肉
  5. 笑顔の女の子

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP