シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

筋肉の種類

シェアする


骨格筋

コーチ

骨と骨が繋がっているところを関節といいます。
関節は靭帯で繋がっています。

筋肉は腱に繋がっていて関節を挟んで両側の骨についています。
そのため筋肉が脳からの命令を受け取ると収縮したり弛緩したりして骨が動いて関節の角度が変わります。

筋肉には幾つかの種類がありますが、脳からの命令を受けて収縮弛緩して体を動かす筋肉を骨格筋と呼んでいます。
骨格筋は糸状の筋繊維の集合体でできていて体の部位に合わせて様々な形をしていますが、大きく分けると羽状筋と紡錘状筋の2種類に分けられます。

  • 羽状筋
    羽のような形状をしています。
    筋繊維が筋全体の方向に対して斜めになっているので、強い力を発揮できます。
    ただし、筋全体の収縮する長さは、筋繊維が収縮した長さより短くなります。
  • 紡錘状筋
    筋繊維が平行に並んでいる形状をしています。
    筋繊維が長いので収縮が大きく収縮できます。

マッチョ・肉体

通常、筋力は筋全体の太さと比例しますが、羽状筋は見かけの太さよりも強い力を出すことができます。(下腿三頭筋、大腿直筋など)
しかし、羽状筋は力を出せる反面、筋繊維の収縮量が短くなります。

羽状筋で筋全体に対する筋繊維の角度を羽状角といいますが、羽状角が大きくなると、筋繊維が発揮できる力に対して筋力が弱くなってしまいます。

その他の筋肉

骨格筋以外には平滑筋と心筋があります。
骨格筋が自分の意思で動かせる随意筋であるのに対して、平滑筋(血管や内臓を作る)や心筋(心臓を作る)は自分の意思で胃動かせない不随意筋です。


[cft format=2]
[cft format=3]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする