シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

筋力トレーニングと吹き出物

シェアする


突然吹き出物が出はじめた・・

コーチ筋力トレーニングを始めてから肌に吹き出物が出るようになったと言われる方がいます。
確かに男性ホルモンや成長してホルモンの分泌が多いと吹き出物が出やすくなります。

成長期にニキビが出やすいのもこれが原因の一つですが、筋力トレーニングが原因で吹き出物が出ることはほとんどありません。
トレーニング後に男性ホルモンや成長してホルモンの分泌が増加しますが、成長期の時のように毎日高い濃度で分泌され続けるわけではないからです。

筋力トレーニングを始めてから吹き出物が出はじめた場合、食事に原因があることがほとんどです。
筋力トレーニングしたことで空腹感を感じて食事量が増えたり、お腹が空いて糖質を摂り過ぎたりすることが多いのです。

吹き出物が出ないようにしたいのなら、糖質を食べないようにするか減らしてみると良いでしょう。

どうしても吹き出物が気になる人は・・・

「ケトン体ダイエット」をしてみるのも良い打開策です。
「ケトン体ダイエット」は別名アトキンス式ダイエットとも呼ばれていて2週間ほどの炭水化物の摂取量を極端に減らすことで血糖値とインスリンをコントロールして、体脂肪が消費されやすい体質を作るダイエットです。

炭水化物を制限するのは2週間だけで、2週間経ったら体調や体重の増減などを確認しながら、少しずつ炭水化物の摂取量を増やしていきます。
「低炭水化物ダイエット」と違うのは炭水化物を「常に」ではなく、2週間だけ制限するところです。
制限をするのは炭水化物だけでタンパク質や脂質は制限しません。

食事から炭水化物(糖質)を極端に減らすとすい臓でインスリンが作られなくなって血液中の糖がなくなってしまいます。
そうなると体は糖に代わるエネルギー源として、体内の脂肪が分解された「ケトン体」を使い始めます。
(血液中に増えたケトン体をエネルギーとして使っている状態を「ケトーシス」といいます)

食べ物から摂取した糖の代わりに脂肪が分解されてできたケトン体がエネルギーとして使われるため、効率よく体脂肪が減少するのです。

火の玉ボーイ

ケトン体ダイエット実践方法

  1. 始めの2週間を第一段階と考えて、1日分の炭水化物の量を1日の摂取カロリーの5%に抑えます。
    1日に2000kcal摂取しているのなら炭水化物の摂取量は100kcal(25g)以内に減らします。(糖質1gは4kcal)
    2週間この制限を続けと体脂肪がエネルギー源として利用される「ケトーシス状態」になります。
  2. 第二段階は炭水化物の摂取量を増加させる段階です。
    1日分の炭水化物の量を1日の摂取カロリーを1%増やして6%にします。
    その後は1週間に1%ずつ増やしていきます。
ただし最終的に20%を超えないようにしましょう。
  3. 目標体重になったら炭水化物の量を体重が増加しない量に保ちます。
    この調整をすることで自分の体に炭水化物がどのぐらい必要なのかを知ることができます。

ケトン体ダイエットでの注意点

飲む女性

  1. 炭水化物を極端に制限しますので、ケトーシス状態になるまではエネルギー不足が起こって体がだるくなったり頭がボーッとしたりします。
  2. 血中のケトン体濃度が上昇すると、ケトン体を体外へ排出しようとして脱水症状を起こすことがあります。脱水症状を防ぐために水分を1日に2リットルは飲んでください。
  3. ケトン体の甘酸っぱい匂いがする場合があります。

補足

ブドウ糖が血液中からなくなった状態で脂肪酸が燃焼すると、肝臓ではケトン体(アセト酢酸とβ-ヒドロキシ酪酸)という物質ができます。
このケトン体は脳にエネルギー源を供給するために肝臓で作られる物質です。基本的に脳はブドウ糖しかエネルギー源として利用できません。

脂肪酸は血液脳関門を通過ため脳には運ばれないからです。
ですから体はブドウ糖が枯渇したときに脳のためにエネルギー源を確保するために肝臓で脂肪酸を分解する時に脳内関門を通過できるケトン体を作って糖質の代わりにエネルギーを作れるように進化したのです。
[cft format=2]
[cft format=3]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする