マラソン

加圧トレーニングで有酸素運動の効果を上げる

成長ホルモンが脂肪燃焼を促進する

有酸素運動の前に加圧トレーニングをすることで、有酸素運動時の脂肪燃焼効果を高めることができます。

コーチ

有酸素運動(ランニングなど)では脂肪燃焼は運動開始後20分以降から始まるといわれています。

有酸素運動の前に10分程度の加圧トレーニングを行っておくと、成長ホルモンが大量に分泌されるので、成長ホルモンの効果で血中の遊離脂肪酸濃度が増加します。
その状態で有酸素運動をすると運動開始直後から脂肪燃焼が始まるので、効果的に脂肪を燃焼させることができるのです。

有酸素運動の前に加圧トレーニングを取り入れて効果的に脂肪を燃焼させましょう。

マラソン

遊離脂肪酸

脂肪が分解されて血中へ溶け出したものを遊離脂肪酸といいます。
運動や成長ホルモンの働きなどによって脂肪はグリセロールと脂肪酸に分解されますが、脂肪酸は血液中の血清アルブミンと結合して遊離脂肪酸として血中に溶け出しエネルギー代謝に使用されます。

関連記事

  1. 褐色脂肪細胞
  2. 加圧バストアップ大胸筋中部
  3. 遺伝子
  4. トランプA
  5. 加圧トレーニング・プッシュアップ2
  6. 加圧ナノ

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP