応援する加圧トレーナー

加圧トレーニングの圧力設定について

慌てないで!!

加圧トレーニングをするとき、「もっと高い圧力やってください」とドンドン加圧ベルトの圧力を上げようとする人がいます。
注目・注意加圧トレーニングは「高い圧力でやった方が効果が出る」と考えているからです。

しかし、焦って圧力を高くしたからといって高い効果が得られるとは限りません。
それは、個人の筋力、持久力、血流状態、酸素摂取能力などに差があるため、一人一人自分にあった「適性圧」があるからです。

無理して圧力を上げると、血流状態が悪くなりすぎて十分な回数や時間のトレーニングができなくなったり、力が出なくなって十分なトレーニングができなくなってしまいます。痛みによって可動域が小さくなって返ってトレーニング効果が落ちてしまいます。
応援する男女のトレーナー特に加圧トレーニングを始めたばかりの人は加圧ベルトによる負荷に慣れていないため、腕がしびれたり、痛みが出てしまう事もあるのです。
まずは、加圧ベルトの負荷に慣れながら、痛みや血流不足が起こらないように、自分の最適圧を見極めて、筋力、血流、酸素摂取などの機能や能力が向上するのに合わせて徐々に圧力を上げていくことを心がけましょう。

加圧とレーングは効果が高く効率の良いトレーニング方法ではありますが、体が変わっていくためには時間が必要です。
体の状態(サイズ、体重、血流、疲労感など)を確かめながら、インストラクターと適性圧を見極めながら加圧トレーニングを行うようにしてください。

関連記事

  1. ストレッチ・前屈する女性
  2. 加圧トレーニング-顎上げ腹筋
  3. 腰回りストレッチ
  4. 筋肉を太くするトレーニング
  5. 腕から肩にかけて筋肉
  6. 加圧トレーニング・プッシュアップ2

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP