ケトジェニックダイエット

加圧トレーニングと乳酸

乳酸は成長ホルモン分泌のスイッチを押す

強度の高い運動をすると筋肉内に乳酸が増加します。

コーチ乳酸には筋肉内にある成長ホルモンを分泌させるスイッチを押して脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促進する作用があるので乳酸が増加すると成長ホルモンの分泌が盛んになります。
加圧トレーニングは血流制限を行ったままトレーニングを行うことで乳酸を効率的に筋肉内に溜めることができるので、効率良く成長ホルモンの分泌を促進することができます。

一般的に乳酸がたまると疲労がたまるという認識があるので、加圧トレーニングを行うとものすごく疲れてしまうのではないかと考えてしまう人もいますが、トレーニングを終えて加圧ベルトを外して除圧すると血流が一気にUPして筋肉内にたまった乳酸などの疲労物質を一気に洗い流してしまうので加圧トレーニング前よりもトレーニングした部位が軽くなったような感覚がします

トレーニングの内容にもよりますが、加圧トレーニングをすると確かに強烈な疲労感を感じます。
しかし、除圧後は快適さが向上する場合がほとんどです。

成長ホルモンの効果
ダイエットする女性

  • ダイエット(新陳代謝を活発に)
    加圧トレーニングを行うと増大する成長ホルモンによって、太りにくい体に なります。
    また、トレーニングによって筋肉が増えると、脂肪が燃焼しやすい体になります。
  • 回復力アップ
    加圧をすると骨折や肉離れ、ねんざなどのケガの回復が早 くなるという研究データがあります。
    成長ホルモンによって、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。
  • 筋力アップ
    軽い負荷で高い効果が得られるので、トレーニングを続けやすいのが特徴です。
    さらにケガなどもしにくいので、老若男女だれでも実践できます。
    また、速筋と遅筋の両方を同時に鍛えられることも特徴のひとつです。
  • 若返り・美肌
    加圧をすると通常の約290倍もの成長ホルモンが分泌されたという研究結果が出ています。
    成長ホルモンは肌のハリやツヤを取り戻し、脂肪のつきにくい体にしてくれます。
    アンチエイジング効果(若返り、美肌、身長が伸びる、育毛、老化防止、肥満改善、長寿効果)が期待できる最も強力なホルモンのひとつです。

奥村英樹アバター

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体をケアするための資格を持つ心と体のケアのスペシャリスト

関連記事

  1. ふくらはぎのストレッチ
  2. エアロビクス
  3. 加圧トレーニング腹筋(下腹部)
  4. 赤ちゃん
  5. ダメージ
  6. トレーニング男ブルー

最近の記事

  1. 毛細血管
  2. 加圧サイクルマシン
  3. バランスボールに座る女性
  4. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP