シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

アスリートのためのメンタルトレーニグ1

シェアする


心と体

強いアスリートであるためには、体に必要な栄養素を十分に、そしてバランスよく摂取できるように考えて食事をし、厳しいトレーニングを通して競技に適した体を作りながら(体)、競技の技術を高めていくこと(技)が必要です。
アドバイスする女性しかし、「心・技・体」という言葉が示すように、体と技術だけでなく、「心を作る」ことも重要な要素になります。
アスリートにとって、自らの意思で「心」(メンタル)を鍛え、強い心を作っていくメンタルトレーニングをすることは今や常識となっています。

頑張っても思い通りの結果が出ない時は焦り、不安になってしまうものですし、勝敗を左右するような重要な場面では緊張して、強いプレッシャーから本来の実力が出せなくなってしまうこともあります。

つまり、競技を続ける限り様々なストレスを感じ続けることになるということです。
ですから、強いアスリートであり続けるためには、こうしたストレスと上手く付き合うことができるようになる必要があるのです。

ストレスと上手く付き合うことができるようになれば、毎日積み重ねてきたトレーニングの成果を本番で十分に発揮できるようになるはずです。
ストレスに弱く本来の実力を試合で発揮できない理由を「自分の性格」や「環境」のせいだと考えているのであれば、メンタルトレーニングを通して「ストレスは対処の仕方で軽減することができる」ことを学んでください。

アメフト

メンタルケアとメンタルトレーニング

メンタルケアとメンタルトレーニングを混同している人は少なくないようです。
ここでメンタルケアとメンタルトレーニングの違いを明確にしておきましょう。

メンタルケア

試合に負けたなど気持ちが落ち込んでいるなど、望ましくない心の状態(アンフルネス)をケアすることです。
必要があれば休養や気分転換も行って、再び目標に向かっていくエネルギーを取り戻すために行います。

メンタルトレーニング

「ストレスへの対処」を学び、望ましい心の状態(フルネス)を保つことで、試合中、練習中に最高のパフォーマンスを出せるようになるために行います。


[cft format=1]