筋肉痛

加圧トレーニングと筋肉痛

筋肉痛加圧トレーニングで筋肉に負荷をかけて追い込んでも、筋肉痛になることはあまりありません。
なぜなら、通常の筋力トレーニングでは筋肉を増強、肥大させるために高い負荷(重い重量)を使う必要があるので筋繊維が破壊されてしまうのでトレーニング後に筋肉痛が出るのですが、加圧トレーニングでは軽い負荷(通常の筋力トレーニングの1/4〜1/5、あるいはそれ以下)で充分な効果を出すことができるため破壊される筋繊維が極端に少ないからです。

筋肉痛は筋繊維の破壊による影響が大きいので加圧トレーニングは筋肉痛になりにくいのです。

関連記事

  1. 加圧トレーニングと通常トレーニングの組み合わせ
  2. KAATSUJAPAN
  3. ウォーキングする女性
  4. トランプA
  5. マラソン
  6. 加圧トレーニン腹筋(腹斜筋)

最近の記事

  1. 丘の上を走るランナー
  2. お腹の肉をつまむ女性
  3. お腹の肉をつまむ女性
  4. お腹の肉をつまむ女性
  5. お腹の肉をつまむ女性

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP